他人の評価ばかり気になってしまう。どうしたらいい?

こんにちは。
〈名古屋なごやかカウンセリング
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

だれかに評価されるっていうことはすごくうれしいことですよね。

最近はいわゆる『他人軸』で動くとろくなことがないっていう風潮はありますが、
「他人からの評価が欲しいから」という理由であれ、
なにかの行動を起こして、成果を得たり成長できたりしたのだったら、
それを否定することなんかはないと思います。

だけれども、

「他人の評価が気になってしょうがない…」

「他人の言動に左右されてしまい自分が分からなくなってしまう…」

「自分を守るためについ嘘をついてしまったりする…」

「気にならないようにしたいけれどやめられない…」

他人からの評価のありなしで極端に一喜一憂して、
評価されなかったりするととたんにやる気がなくなってしまったり、

人からの評価のために、自分が本来やりたかったことから
どんどん外れていきそうだったらさすがにマズいかもしれませんね。

今回は承認欲求と上手に付き合うために、
承認欲求と心の成り立ちの関係などを解説しながら、
評価の求めすぎを和らげる3ステップのエクササイズをご紹介します。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

評価されたい気持ちは本来自然なもの

人から認められたい、ほめて欲しいという承認欲求は人間の根本的な欲求です。

有名なマズローの五段階欲求でも生理的欲求、安全欲求、社会的欲求の
次にくるのが承認欲求です。

必ずしもこの順番どおりではありませんが、食事や睡眠ができて、安全に暮らせて、
人とつながることができるとなると、人に認められたいという欲求が出てきます。

集団や社会の中では下のほうにいるより上のほうの立場にいるほうがより生きやすいですから。

今の日本でははじめの3つはたいていの人が満たされているので、
特に承認欲求を求めることが目立つのでしょうね。

でも、別に承認欲求そのものがいけないことはなくないですか!?

人間は社会で生きる動物です。

より快適に生きていこうという本能の中で生まれる欲求を否定しなくてもいいのです。

問題になるのは承認欲求を満たすことが優先になることで、
自分の意思より他人の意思を優先してしまうクセがつくこと。

そして、そのせいで

長い目で見たら自分が損するような行動をとってしまうこと

分のやりたいことが分からなくなってしまうこと。

あまりに過剰に求めることで周りから距離をおかれること

などではないでしょうか。 

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事