カウンセリングの上手な受け方・使い方を逆の視点から考えてみる

こんにちは。
〈名古屋なごやかカウンセリング
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
私は、落ち込みや無気力感などがひどくて、
病院で1年ほど薬をもらって飲んでいるのですが、
まだ波がけっこうあってマイナス思考なところが
どうしても変わらないんです。

そうでしたか…。
薬で軽減されているとはいえ、
つらい状態でよくがんばってこられましたね。
たしかに薬だけではマイナス思考のクセは
改善がむずかしいと思います。

はい、このままだと苦しさの堂々巡りから
抜けられないと思って、
それでカウンセリングを考えたのですが、
せっかくならできるだけ効果が出るように受けたいんです。

それは素晴らしい心持ちですね。
その思いだけでも効果は上がりますよ(^^)
実際問題、時間やお金の負担のこともありますからね。

はい、ありがとうございます。
受けるときに気をつけることとか、
どんなことを話したらいいのかなどが知りたいです。

カウンセリングに興味を持って、受けてみようかなと思ってから、
実際に受けることを決断して申し込むまでって、
かなりハードルが高くて勇気がいることだと思うんです。

だって、何をするのか分からないから不安だし、

「今までだれにも話したことがなかったようなことを
話さないといけないかも?」


「話しても否定されたりしないかな?」

と怖くなるのはぜんぜん普通のこと。

だから、どうか安心してください(^^)

 

でも、せっかく安くはない料金を支払って受けるんだから
少しでも効果が高くなったほうがいいですよね。

 

じゃあどういう受け方をすれば効果がでやすいのかというのは、
あえて『効果が出にくい理由』という逆の視点から考えると
より分かりやすいと思うんですね。

ポイントはやらされ感、相性、時間の3つです。

ここからくわしくご説明していきますので
最後までお付き合いいただければ幸いです。

カウンセリングではどんなことを話したらいいの?

カウンセリングが初めての方に

「どんなことを話したらいいの?思うことを話せばいいんですか?」

というのを聞かれる事ってすごく多いですね。

私もはじめてカウンセリングを予約したときには、
当日までものすごくドキドキしました。

 

何を話せばいいのかは結論から言えばすごくシンプルで、
まずはとりあえず今悩んでいたり困っていることを
そのままお話くだされば大丈夫です。

なんでかって言うとそれさえお話しいただければ、
カウンセラーの側から色々と質問していくからです。

あとは、流れに従ってそのまま答えていっていただければ
普通に進んでいきますよ。

カウンセラーには守秘義務と言って、
二人の間で知り得たことを許可なしに
外部に漏らしてはいけないと言う約束があります。
(誰かの命に関わることなど一部の例外はあります。)

だから安心して何でもお話しください(^^)

逆に言えば、絶対に話さないといけないことや、
話すとまずいこともありません。

もちろん、話したくないことは話さなくてオッケーです。

 

事前に話しておきたいことを
メモにまとめて来られる方もいらっしゃいますよ。

「こういうことは忘れず話しておきたいなあ」ということが
書いてあるものが手元にあると安心ですよね。

 

面白いことにカウンセリングの予約をしてから、
何を話そうか考えたり書いたりするだけで、
もう悩みが軽くなったりしちゃうことも実はよくあったりします。

そうなると、改善までに勢いがついた状態で
カウンセリングを始められるので、
予想よりも早くカウンセリング卒業できる方が
比較的多いように思います。

 

事前のメモ、すごくおすすめです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事