人と比べてしまう性格をなおしたい。心理的原因や対処法は?

こんにちは。
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

よろしくお願いします。
私は昔から友達や同期と比べて、
自分の方が負けていると落ち込んでしまうんです。

なるほど。
例えばどんなことを比べたりしてしまいますか?

結婚する前は、年収とか彼氏がいるかいないかとかが多くて、
結婚してからは旦那さんの仕事や年収とか、
どれくらい豪華な結婚式をしたかとか、子供についてとか…
結婚前より一層ひどくなったような気がします。

そうして比べてしまうことで、
自分が人より劣った人間のように
感じて辛い、という感じでしょうか?

はい。人と自分を比べない"自分は自分"という
タイプの友達がいるのですが、彼女と比べて自分の存在が
恥ずかしく思えてしまいます…
どうしたら人と比べなくなれるでしょうか?

 

ご相談の『人と比べてしまう癖』というのは、
多くの心の不調をお持ちの方に共通する特徴です。

ご相談の内容からすると、今は大きな不調は起こしていない段階のようですが、
そのストレスは確実に心を蝕んでいきます。

 

今回はこうした周りの人とつい自分を比べて落ち込んでしまうことの原因や、
その対処法などについてお話をしていきます。

簡単に先に答えを言ってしまうと、こうした人と比べてしまう心のクセは
元を辿れば、自分は無能だ、優れていなければいけないという
心の奥深くに刷り込まれた思い込みが大元にあって、

対処していくために最初に必要になることの一つは、
「今の自分をあきらめる」ことです。

 

あきらめると聞くと、後ろ向きなことのように思えますし、
逆効果なんじゃないかと思われるかもしれませんが、
そこは詳しくご説明をしていきますので最後までお付き合いいただければ幸いです。

高い理想とのギャップが自分をいじめる。

私も人と比べて落ち込むことがものすごくよくありました。

特に専門学校に通っていた頃や会社員をしていた頃は本当に酷いものでした。

「なんであの人が簡単にできることが自分にはできないんだ。」

「自分より年下なのに自分より優秀な○○さんと比べて、
自分はどれだけ無駄な人生を送ってきたんだろう。」

「□□ができなければ負けてしまう。」

いつもそんなふうに自分を責めて自分をいじめていました。

 

頭ではそんなことをしてもいいことはないとわかっているのに、
ついついやってしまうし、やめることができないんですよね。

そうすると、気持ちも落ち込んでしまうから、
本来できるはずの行動も取れなくなってしまい、
さらに自分が本来できるはずのことも、
成長の機会も逃してしまうという悪循環にはまってしまうんです。

そう、人と比べてしまう性格の方のほとんどに共通しているのは、
自分の思い描く理想がすごく高いことなんですよね。

しかも、客観的に見れば自分の理想が高いことにすら気づいていないんです。

だから、本来自分の持っている優れた部分なども見えなかったり、
低く見積もったりしていたりします。

そして、その発端となっている自分の心の奥深く、
土台の部分に組み込まれてしまった

「私は無能だ、でもなんとか優秀な姿を見せなければ自分には価値がない。」

そんな感じの思い込み、信念は長年にわたってずっと
心の基本のシステムとして動いてきたものだから、

ちょっとやそっとじゃ変わることはないんです。

 

自己啓発本なんかを読んだりして、
「自分にできる事だけに目を向けよう」とかっていう
考え方を取り入れようとしてもすぐに負けちゃうんですよね。

それは心の仕組みからするとしょうがないことなんです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事