インナーチャイルドが癒せない、見えないという人のための本当のお話。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

インナーチャイルドという言葉は、
心のことに関わっているとものすごくよく出てきます。

本来、アカデミックな心理学の用語ではないのですが、
どうもジョン・ブラッドショーの著書から有名になったようです。

インナーチャイルド 本当のあなたを取り戻す方法〔改訂版〕(amazonリンク)

今や心理カウンセリングだけでなくスピリチュアルやら占いやらでも
頻繁に使われているようで、正直なところ検索しても、
胡散臭いものばっかり出てきます。

そういった情報に惑わされてしまい、自分のインナーチャイルドが
癒せないとか見つけられないという悩みを持ってしまった方も
多くいらっしゃるようです。

 

それこそがあなたの苦しみの原因だとか言われると、
うまくいかないことが不安になってしまいますよね。

 

本来、インナーチャイルドというものは
心の構造と原理から考えていけば、決して怪しいものではないのですが、
どうも偏ったイメージが広まってしまっていて、
ひどいものになると神聖化すらされているように思います。

 

私もカウンセリングではクライアントさんに分かりやすく伝えたり、
一緒に勉強している人達とスムーズに会話をするために、
インナーチャイルドという言葉を使いますし、
それに対するアプローチも重視しています。

こちらのページではインナーチャイルドに働きかける音声も配布しております。

 

ちなみに、インナーチャイルドワークと呼ばれる手法は
ものすごくいろんなものがありますし、自分も大半は知りません。

そして、あえてたくさん知る必要もないと思っています。

 

それは、心のしくみからインナーチャイルドとは一体何なのかが
正確に分かれば、最適な働きかけは自然に分かるからです。

インナーチャイルドに対してもやもやとしたもの抱えているのならば、
きっとすっきりとしていただけるお話をしていきますので、
最後までお付き合いいただければ幸いです。

インナーチャイルドって胡散臭い?実際どんなもの?

インナーチャイルドとは、
上記のジョン・ブラッドショーの著書の言葉を借りれば
『過去の内なる子ども』ということです。

一般的には“傷ついた”と言う枕詞がつくことが大半でしょうね。

また、 『自発的で、今を生きている子ども』ーワンダーチャイルドという
対立する概念もあります。

 

メジャーな心理学の流派である交流分析でも、
心はCP、NPという親の部分、冷静な大人であるAの部分、

そして、AC(従順な子ども)、FC(自由な子ども)の部分が
あるとされていますので、
心の中に『子どもの自分』がいるということに関しては、
決してトンデモな理屈ではありません。

では、心の原理と構造を扱う、統一場心理学の視点から考えると、
インナーチャイルドとは一体何なんでしょうか?

 

心の原理の基本中の基本に調和と拒絶という考え方があります。

平たく言えばその時その時の『普段の自分』にとって都合のいいものは調和し取り入れ、
都合の悪いものは拒絶して遠ざけるといった仕組みです。

 

その視点から考えると、インナーチャイルドというのは、
ある時点で『拒絶された子どもの頃の自分(の人格)』と言うことができます。

 

子どもの頃にあまりに辛い目にあったり、苦しい日々が続いたりすると、
その自分のままでいることに危険を感じます。

その結果、状況に適応できる人格で生きるようになり、
拒絶された人格は心の中に拒絶されたまま残ることになります。

 

つまり、『普段の自分』とは分断した状態で残ります。

そしてさらに、分断とセットで強い“思い込み”を残します。

この思い込みは認知行動療法でコアビリーフと呼ばれるもので、
心の基幹システムに入り込み、根強く残ってしまうものです。

本来インナーチャイルドへのアプローチというものは、
この思い込みをゆるめて書き換えていくことで、
拒絶されたチャイルドを今現在の『普段の自分』に取り込んでいくということが本質なのです。

(心の中で分断された部分が、心の不調を引き起こすことは
別の記事でより詳しく説明しております。ご興味がありましたらどうぞ。)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事