落ち込み・不安は運動で改善できる?効果あるの?悪化することは?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

「落ち込み・不安には運動が良いよ」ってどこかで聞いたことあるでしょうか?

病院に通っているとお医者さんから勧められることもあるようです。

ジムに行ってエアロバイク乗ったり筋トレしたりするといいと言われた
というのも聞いたことがあります。

 

でも、本当に効果があるのかとか、
逆に悪い影響はないのだろうかといった疑問や、

そもそもそんなのやる気にならないという方もいらっしゃると思います。

 

先に結論から言うならば、
運動をやってみようかなと思える程度の状態の方には
一定の効果があるといえる一方で 、

できる状態じゃないのに無理にやろうとしたり、
逆にやり過ぎてしまったりということによる
マイナスということにも注意は必要です。

 

そこで今回は落ち込み・不安の改善と運動について、
なぜ運動に効果があるのかや、

やらない方が良い場合や注意するべきこと、
また運動する場合のコツなどをお話ししていきます。

運動は無理にやらないことが大前提

落ち込み・不安の人には運動を結構強引に勧められることも多いようなんですが、

そもそも「やってみようかな」と思えないくらい
落ち込み・不安が重い状態の間はやらないほうが無難です。
というか、できないことが当たり前です。

まずはとにかく体や頭を休めることが
落ち込み・不安からの回復を目指すときには何をおいても最優先。

 

休み続けてそろそろずっと寝てるのも逆にしんどいかなとか、
何かやらないと不安だなと思えるくらいになったら、

運動することを検討してみるくらいでいいと思います。

 

決して運動だけが落ち込み・不安を改善させる手段ではありませんので、

必ずやるべきことでもありませんし、それができないことで落ち込んだり、
自分を責める必要もありません。

ちょっと楽になってきたら試してみようという認識程度でだいじょうぶですよ。

運動のやりすぎにも注意

何事もそうかもしれませんが、逆にやりすぎということにも注意です。

落ち込み・不安が強くなる人は真面目できっちりしている人が多いので、
ちょっといい感触が得られると、
つい躍起になってやりすぎてしまうということも考えられます。

 

基本的にあまり一つのことに依存するというのは
心の健康にとって良いことではありません。

例えば、運動を続けている間は調子が良かったとしても、
雨が降ったり、体調が悪かったり、突発的に用事が入ったりすることで
運動が普段通り行えなかったりした時に、焦りや罪悪感を感じているようでは、

落ち込み・不安を改善させていると言うよりかは、
運動でその状態をごまかしていると言ってもいいような状態です。

 

また、マラソン選手のランナーズハイのように
一定量を超える運動することで、脳内麻薬が分泌されて、
それに快感を感じて依存のような状態になることもあります。

これは筋トレでも同じことが起こるようです。

 

また、素人が指導も受けずにガムシャラに筋肉を大きくしたりすると、
身体のバランスを崩すこともあります。

落ち込み・不安が強い人がそこまで激しい運動を継続的に行うということは
あまりないかもしれませんが、
運動にはそういった側面もあるということも覚えておいてください。 

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事