自分軸がない、ブレると悩む前に。心理学で解説する本当に大事なこと。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

『自分軸』って今やほとんどの人が、
意味を分かって使っている言葉ではないかと思います。

決して明確な定義があるような言葉ではないんですが、
大体において、相手の顔色や誰かの考えを気にして物事を決めるのではなく、
自分の思いや欲求、気持ちに素直に決めるとか、
他人の評価よりも自分自身の評価を大事にするといった意味で使われていると思います。

この、「自分軸で自分は生きているのか」とか、「どうも自分は自分の軸がぶれる」という
お悩みをお持ちの方はかなり多いようです。

特に就職活動をしているような学生さんだったり、 婚活を頑張っている方だったり、
何かを決める必要があるとか、自分の価値観をもう一度見直すという場面に
直面しているとどうしてもそれを意識せざるを得ないのかもしれません。

 

特に昨今の自己責任論が強く追求されるような世情も背景にあるように思います。

 

その中で、「自分は自分軸がなくていつも人に流されているのじゃないか」という
お悩みをお持ちだと、すごく心配になるし、自信も無くなるし、生きづらい感じがしますよね。

実は心の仕組みから考えるとこの自分軸という概念はかなりツッコミどころが多いです。

 

今回はこの自分軸について、心の原理と構造を踏まえて明らかにしつつ、
人間にとって本当に大事なことについてお話をしていきます。

自分軸とワガママ、自己中

はっきり言ってしまいますと、自分軸が大事かどうかなんて、その時の状況次第です。

 

多分、世の中の自分軸を語る人って、そんな当たり前のことを、
わざとなのかそうじゃないのか分からないですが、全然言わないんですよね。

でも、「自分軸が大事!」って断定口調で自信満々に言われてしまうと、
それが基本なんだって思ってしまうんです。

この自分軸の話に限った話じゃないんですけど、こういうのって個人的にはすごく罪作りだなと思います。

自分軸ってすごく言葉の強さと言うか、正当性と言うか、一見すごく正しそうなごもっともな、
ぶっちゃけて言えばキレイゴトなので、 変な話メディアや世の中の風潮にさらされた時に、
自分がそれに当てはまらないと思うとものすごく不安になるんですよ。

そして、それがないことがとてもまずいことのように思えて、
なんとか自分軸で生きなければという悩みのもとになる。

 

人の顔色を伺わずに、自分がその時思っていたり考えたりしていることを
はっきりと口にしたほうがいい場面もある一方で、
あえて我慢して穏便に済ませた方が長い目で見たら良いことだってあります。

 

でも、それがどっちかに偏っていたら不健康ですよ。

いつもいつも自分の考えていることを言うのが怖くて、
それを抑えて我慢していたらストレスも溜まるし、
自分の不利な状況が避けられなくなって追い詰められてしまいます。

反対に相手の気持ちやその場の状況をを何も考えず、
いつも自分の言いたいことだけを何の遠慮もなくぶちまけていたら、
人間関係が崩壊してしまいます。 

 

自分軸とワガママや自己中との違いは、それっぽく語られることもありますが、
それは結局言葉の定義をどうするかというだけの問題で本質的ではありません。

強いて違いを言うなら、その場面で相手や周りを嫌な気分にさせたり、
損害を与えたりしたりすれば、ワガママや自己中と“思われる”という程度のことでしょう。

 

じゃあ、本当に心が健康なのは一体どんな状態なのでしょうか。 

99%の人が知らない『自己肯定感』の真実とは?

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事