フラッシュバックが続いてつらい。忘れられない。対処法は?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

何かとても辛い出来事やショックの大きい経験をしたことで、
その後何年も時間が経ってもその場面が蘇ってきてしまい
苦しくなってしまう。

人によっては呼吸が苦しくなったり、
心臓がすごくドキドキしたりいわゆるパニック発作と近い症状が
現れてしまうこともあるかもしれません。

 

決して思い出したいわけではないのに、
忘れよう忘れようと思っているのに、
ふとした瞬間に急に襲ってきてしまう。

いわゆるフラッシュバックというものですね。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状として、
一般的には認識されていますが、
戦争や犯罪被害のトラウマのような強烈なものだけでなく、

いじめや体罰といったものであっても原因になりますし、
苦しんでいるご本人からすれば、
軽いとは言えない重大な問題です。

そのうちまたフラッシュバックが突然襲ってくるのではないか、
という不安を抱えて生活を送るのは本当につらいですよね。

 

PTSDでなくても過去のトラウマから来る
心の不調にはよく見られる症状です。

そのフラッシュバックにも重いものも軽いものもあります。

起こった瞬間に阿鼻叫喚のような状態になってしまうものはもちろんですが、
そこまでいかなくても日常的に襲われていたらすごく苦しいですし、
精神的にも疲れてはててしまいますよね。

 

先に結論から申し上げると現代の医学や心理療法では、
トラウマになった過去の出来事の記憶を消すことはできません。

しかしその出来事に対する感じ方や捉え方というのは変えることができます。

ここからはこうした辛いフラッシュバックの時に、
心の中で何が起こっているのかとその対処法についてお話しします。

フラッシュバックとは単純に思い出しているということではない

フラッシュバックが起こっている時に、
心の中では何が起こっているのでしょう?

実は単純に場面を思い出しているわけではなく再体験をしているのです。

つまり今現在のあなたからではなく、
その辛い苦しい怖い出来事が起こった当時の自分として、
もう一度その辛さ苦しさ怖さを体験してるのです。

 

ここで大事なポイントは、その出来事の記憶が
こっちが望んでいないのに勝手に蘇ってきているというところです。

要は自分から思い出そうとして思い出しているわけではない。ということです。

 

フラッシュバックの辛さを弱めていくためには、
ほんの表面の部分だけでも思い出すという行為が
ある程度必要になってきます。

(もちろん微に入り細を穿つように詳しく思い出す必要はありません。
そこまでするのは基本的に逆効果になることが多いです。)

ただし思い出すにしても何らかの対処を用いて、
思い出した瞬間に過去に引きずられて当時の自分に退行した状態で
再体験するのを防ぐ必要があります。

そのために重要になるキーワードがです 

99%の人が知らない『自己肯定感』の真実とは?

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事