性格を変える方法を探してませんか?その必要はない理由を解説します。

こんにちは。
〈名古屋なごやかカウンセリング
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

余談ですがこの『今すぐ役立つ!心のアドバイス』記事が
ついに100記事に到達しました。

今回のテーマは『性格』は変えられるのか?それとも変えられないのか?
という古くからある論争に私なりの答えを提示したいと思います。

私の受けたご相談の経験の中でも、

嫉妬深い、傷つきやすい、キレやすい、人と比べてしまう、意志が弱い、
マジメすぎる、自信がない、周りの目が気になる・・・などなど

思い出そうとするとキリがないくらい出てきそうです。

これまでも100記事書いてきた中で、何回も個々の『性格』をテーマに
してきましたし、今後もちょくちょく書いていくと思います。

私も20歳そこそこくらいのときに受けたカウンセリングで、
「自分の性格を変えたいです。」と言った覚えがありますが、

「変えられる性格と変えられない性格がある」とか言われて
お茶を濁されただけでした。

それだけ『性格を変えたい』という望みを持っている方は多いんですね。

また、性格が元で心の不調を招いてしまうということもありますから、
「性格を変える」ということのホントのところを知っておいて損はないですよ。

性格についての大きな錯覚

まずはじめに質問です。

あなたの性格ってどんな性格ですか?

どうでしょう?

こういう質問されるとだいたい、
「私の性格は怒りっぽいわりに傷つきやすくて、
ガマン強いけどその反面、誘惑に弱いところもあって…」って感じになりません?

なにが言いたいかというと、性格って各自たくさん持ってるよね
ということです。

ところが、「性格を変えたいなあ」と思うと、
口では「○○なところを変えたい 」と言いつつも
イメージしてるのはもはや全然別人みたいな自分だったりしがちなんです。

〈唯一無二のひとかたまりの自分の性格がガラッと別物に変わる。〉

〈いくつもある性格がまとめて一気に変わる。〉

ついつい、そんなふうに望んだりイメージされてしまいがちなんですね。

「私は性格が悪いから変えたいんです。」なんていうのはその最たる例です。

性格がいくつもあることが腹に落ちていれば、
「どこがどう悪いの?」と聞き返さずにはいられなくないですか?

だから、自分の性格を変えたいと思ったなら、
まずはいくつかある性格のうちどれを変えたいのかをはっきりさせることが
1つ目のステップです。

「じゃあ、それがはっきりしたらあとは変えるだけですね。」なんて
思われるかもしれませんが『変える』という目的にも『落とし穴』があります。

次のページではその『落とし穴』についてお話していきます。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事