かまってちゃんな性格をなんとかしたい。治し方・克服法は?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

人にいつもかまってほしい、自分に関心をもってほしいと思ってしまう。
自分のことを優先してほしいし、常に自分を気にかけてほしい。

だけど、それが満たされないとさみしくてたまらなくなってしまったり、
不安でどうしようもなくなってしまう…

そうするといてもたってもいられなくなって、
友達や彼氏にLINEで「私なんて…」とか「死にたい」とか、
ついつい送ってしまう…

SNSでも「いいね」や♡で自分のことを認めてほしいから、
自撮り写真をたくさん上げるし、落ち込んだときには
思ったこと全部書いてコメントもらわないと気がすまない…

でも、正直まわりの人は自分のことを面倒だと思ったり、
うざいと思っているみたい・・・

いいかげん、この『かまってちゃん』な性格を治したいんだけど
いったいどうしたらいいの?

 

今回のテーマは、いつも人にかまってもらわないと気がすまない、
いわゆる『かまってちゃん』についてです。

『かまってちゃん』ってただの性格なんだと思っている方も多いですが、
実は心の底に根深い問題が潜んでいることが多いです。
裏を返せば時間と労力はかかるけど、『かまってちゃん』は克服できるとも
いえるってことです。

今回の記事ではその心の状態の解説と克服のためのヒントをお話していきます。

かまってちゃん的な要素はだれにでもあるけれど…

人はだれしも、「誰かに関心を持ってもらいたい」
「自分の存在を認めてもらいたい」という欲求は
少なからずあるもの。

とはいえ、それがあまりにも大きくて、人に求めることを
制御できないレベルになってしまうと人間関係に支障をきたします。

 

みんなそれぞれに自分の都合や気分、体調の状態で
相手するのがしんどいときもありますし、

なにより何回も何回も「かまってアピール」につき合ったところで、
何ひとつ解決しない徒労感やいい年して幼い感じに、
無性にイライラさせられてしまうんですね。

さみしさを埋めるための行為がもとで、本当に孤独になってしまったり、
大切な関係を失ってしまったら元も子もないです。

 

でも、自分が「かまってアピール」をしていること、
それに周りのひとがうんざりしていることに、
全然気づいていない人もたくさんいます。

「克服したい」と思ってこの記事を読んでいるあなたは
もう大きな一歩を踏み出せていると思ってOKです。

次のページからは『かまってちゃん』になってしまった
その根本的な原因を知っていきましょう。

99%の人が知らない『自己肯定感』の真実とは?

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事