毒親育ちの辛さを克服するためには手順が大事!その5ステップとは?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

うつをはじめとした心の不調や人間関係の苦手さなどの
ご相談を受けていると、その多くに親との関係が背景に
あることがとても多いです。

私自身も虐待とまではいかないものの、親からの体罰や
言葉による能力の否定などをされた影響で、
大人になった後も、仕事や人間関係ですごく苦労しました。

いわゆる『毒親』と呼ばれるほどのひどい親のもとで
泣いて、苦しんで、追い詰められながら育った人の辛さは
想像するだけで胸が苦しくなります。

もしかしたら、自分自身の苦しみだけでなく、
毒親に苦しめられたストレスが外に出てしまったことで、
いろんな人に迷惑をかけて申し訳ない気持ちすら苦しみのひとつかもしれません。

身体も心も痛かったですよね…

大人になった今でも、ことあるごとにその影響が泥沼のように
足を引っ張るなんて悪夢のようです。

でも、人によっては自ら命を絶ってしまうことすらあるのに、
歯をくいしばって今日まで生きてこれたことは、
その事実だけでもすごいことです。

そのことだけでもあなたはあなたに

「よくがんばったね。えらいね。」って

ねぎらってあげてほしいと思います。
そして、私もあなたが生きてきたことを心の底から尊敬しています。

今回は本格的に記事の内容に入る前に、どうしてもそのメッセージを
お伝えしたかったのです。冗長かもしれませんがどうかご容赦ください。

毒親に負わされる重いハンデキャップ

『毒親』という言葉もかなり一般的になってきたように思います。

学術用語ではないので細かい解釈はいろいろあるようですが、
一言でまとめてしまえば「子どもに(甚大な)悪影響を与える親」と
言ったところでしょうか。

(甚大な)としたのは子どもに全く悪影響を与えない親はいないからです。

そもそもどんな親も完璧ではありません。良い影響しか与えない
聖人君子のような親などどこにもいません。そして、どんな影響が
将来どんな結果を生むのかは分かりません。

それをふまえたうえで、生物として、人間として明らかに最低限の
親としての義務を果たしていない、親としてふさわしくない行為を
子どもにしている親をここでは『毒親』とします。

代表的な行為としては

・過干渉 子どもを支配したり、子どもに依存したり…

・暴力・虐待・暴言 殴る蹴る、怒鳴りつける…

・放置 話しかけたり泣いたりしても無視…、何日も食事を与えない…

・存在否定 「あんたなんか産まれてこなければよかった」などと言い放つ…

などがあげられます。

そして、こんなことを繰り返しされた人は、

・自己評価が低くなったり、自分のことが嫌いになってしまう。

・他人との距離感が分からなくなって人付き合いが苦手になってしまう。

・感情のコントロールが苦手でカッとなると見境いがなくなってしまう。

・結婚したり子どもを持ったり育てたりすることに恐怖を感じてしまう。

など、充実した人生を歩むうえでは相当なハンデを負わされることに
なってしまいます。

これを背負って毎日を生きるなんてまさに生き地獄です…
ストレスや怒りなどの感情もどんどんたまっていくでしょう。

そんな状況にいると、できる限り早くこの状況を打破したいと思い、
ついつい親そのものや親に対する思いに対して一直線にぶつかるような
解決策に走ってしまいがちです。

しかしそれは、レベル1で装備もなくラスボスに挑むようなもの。

辛さから抜け出すために焦る気持ちはあるかとは思いますが、
最後に本物の幸せを掴むためにほんのちょっとだけガマンしてください。

だいじょうぶ。
あの苦しい子ども時代を生き抜けたあなたなら、
これからお話する合理的な手順を知って、
(場合によっては助けを借りながら)着実に歩んでいけば、
きっと毒親を乗り越えられますから。

99%の人が知らない『自己肯定感』の真実とは?

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事