子どもの心を育む親の関わり方、してあげられることのコツとは?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

前回の記事では、(特に)はじめての子育てで不安になりがちな
新米ママさん、パパさんがちょっと肩の力を抜けるような
心のお話をさせていただきました。

今回はその続編ということで、心の仕組みから考えて
合理的で有効性が高い子どもとの関わり方や
してあげられることについてお話します。
 
心は情報量がとても多い複雑系だから、今経験した出来事が
将来どんなことにつながるのかは分からないということは、
前回お話したとおりです。
 
しかし、そうはいっても心の構造と原理が分かっていれば
社会で生きるうえで得する確率を確実に上げる方法はあります。
今回の記事ではそんなコツをお伝えしますね。

子育てできる限り避けたほうがいいこと1つ

そこからまずは、最初にできる限り避けたほうがいいことを1つだけ。
たった1つだけお伝えしておきます。

それは

体罰です。

どんなジャンルにでも「昔は良かった教」というのがはびこっていますが、
子育て業界にも根強くいるみたいですね。

そのあたりの信者がもっともらしく「痛みや苦しみを与えなければ
分からないことがある。」だとか説教たれてくるかもしれませんが、
聞く耳をもつ必要ナッシングです。

たしかに「痛みや苦しみ」の経験からの学びや成長自体はあるでしょう。
しかし、価値観も確立していないような時期に、一方的に力の差がある
相手からの圧倒的な暴力による学びや成長などありえません。

体罰を受ける原因となった行為をその直後はやめるかもしれません。
その代わり、体罰=暴力によって心には強烈な恐怖が、身体には
不必要な緊張ぐせが刻まれます。

これは大人になってからもずっとその人の行動を阻み続けます。
体罰を受けたそのときの行動だけでなく連想でつながるようなこと
全てに影響を与えます。

もしも、手をあげることが百歩譲って許容されうるとすれば、
子どもが命にかかわることや重大なケガをすることを
しようとしていたときくらいでしょうか。

それでも、手をあげないにこしたことはないのは間違いありません。
本来、分かってもらえるまで言葉を使って辛抱強く伝え続けることです。

反射的にやってしまった場合は、その行為がいかに危なくて怖いことかを
ちゃんと話すことや、「あなたが大切だから」ということを抱きしめながら
しっかりと伝えてあげてください。

最近「子どもは親を選んで産まれてきた」などの根拠のない妄想をもとに、
体罰どころか虐待まで全肯定するカウンセラーまがいの人がいるそうですが
言語道断です。

1対1のセッションの中で『思い込み』への反応を
確認したり緩めたりするために一時的に行為を肯定する言葉を
使うことはありえますが、最終的な結論として体罰や暴力を
肯定するなど対人支援者としてありえません。

とはいえ、ついイライラしたりして叩いてしまった罪悪感や体罰を与えたくなる
衝動と戦っている人もいらっしゃると思います。

その場合は前回の記事でもお話したとおり、
ご自身の心と向き合っていくことが必要です。

正直、自分の心の中の問題(=拒絶された心の部分)と向き合うことには、
一定のきつさがあります。どんなに腕利きのカウンセラーがお手伝いしても、
最後の最後はご自身の意思がどうしても必要です。

逆にいえば楽なこと、カンタンなことしかしない、ただ肯定するだけ、
こんなカウンセラーには注意が必要です。それでは新興宗教と変わりませんから…

(心の仕組み上、一旦はエネルギーを不安定にする=不快感を感じる状態に
ならないと本当の変化ー心の統合を起こせないからです。詳細はこちらの記事をどうぞ)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事