加害恐怖が辛すぎる。ストレスを感じる。治し方や克服方法はあるの?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

今まではなんともなかったのに、車の運転中に

「さっき曲がったときに歩行者の人を巻き込んでなかったかな…」

「今、子どもとすれ違ったけどぶつかってなかったかな…」と

気になってしょうがない。
ひどいときには信号を無視してしまったんじゃないかとか、
ミラーを見たときに前方の確認が疎かになってしまったんじゃないかとか、
不安がつきまとって離れない。

あるいは人混みですれ違った人に対して、

「この後すべって転んでケガをしてしまったんじゃないか…」

「さっきはだいじょうぶだったけど、
家に帰って調子が悪くなってしまったんじゃないか…」と

悪いほう悪いほうに考えてしまう。

「気にしちゃダメだ!」と別のことをして気をそらそうとしても
全然うまくいかない。

不安になってしまうと同じ場所に何回も戻って確認しないと気がすまない。

なんでこんな状態になってしまったのか自分でも分からず辛すぎる…

今回は自分は実際には何もしていないのに、
他人などを傷つけてしまったんじゃないかと不安になって、
いてもたってもいられなくなってしまう『加害恐怖』について
お話していきます。

『加害恐怖』は鍵をかけたかが気になって何回も確認してしまうとか、
手洗いを何度でもしてしまうという『強迫性障害』と言われる
心の不調のひとつとされています。

こちらの記事も参考になると思いますので、
合わせてお読みいただければ幸いです。

加害恐怖で苦労しがちな人の特徴

加害恐怖に限らず、強迫性障害で苦労することになってしまう方の多くは、
責任感が強い傾向があります。

それも周りから「あの人は責任感が強くて頼れるね。」と言われるレベルを
遥かに超えて、自分で自分に必要以上の大きなプレッシャーをかけてしまって
いたりします。

絶対というわけではありませんが、学校の先生やその他公務員、銀行員などの
いわゆるおカタイお仕事につかれている方に多いみたいですね。

若い方でも受験や就活でプレッシャーが高まると近い症状が出ることがあります。
計算問題の検算を必要以上に繰り返してしまう、ひとつの問題にこだわってしまい
次の問題に進めなくなるなんて症状が出始めたら死活問題です。

まずはあなたも普段の仕事や生活で自分で自分にプレッシャーをかけて、
ストレスをため込んでいないか振り返ってみることをおすすめします。

心は自覚があるかないかに関わらず、ストレスに対するガマンが続いていくと、
どんどんとストレスはため込まれていき、逃げ場を失ったストレスを
行動に変換することでなんとか心を安定させようとします。

心は状態を安定させるためには、はたから見たら合理的じゃない方法でも
なりふり構わず選んでしまうことが普通にあります。

だから自分でも「これはちょっとおかしい。」と思いつつも、
やらなくては気がすまないなんていう状態になってしまうんですね。

心の原理に沿って起こっているだけなので、決してあなたの心が弱いとか
おかしいとかっていうわけじゃないですから、そういう点では安心してください。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事