自分の顔・見た目が嫌い、気持ち悪い。自信を持って前向きになるには?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

自分の見た目、特に顔が嫌いというお悩みをお持ちの方は、
女性はもちろんのこと、男性にもいらっしゃいます。

「いろんなところにある鏡やガラスに自分の顔が映るのがイヤ。」

「でも、本当は鏡を見るのもつらいけど、周りの人を不快にさせてそうで、
何度も確認をしてしまう…」

「つき合っている人が芸能人をほめると、すごくみじめになって、
自分には生きていく価値がないんじゃないかと感じて死にたくなる…」

自分の顔や見た目に100%満足している人なんて、
世の中にほとんどいないとは言うものの、やはり自分のことが大嫌い…

顔というそう簡単には変えられないところが嫌いだと、
本当に毎日つらくて絶望的な気分になりますよね。

この記事がそのつらさを和らげることに、少しでもお役に立てればうれしいです。

自分の顔が嫌いな気持ちは整形では解決しない。

自分の顔が嫌いでコンプレックスがあると、一番に考えるのが
美容整形手術を受けることじゃないでしょうか。

そのおかげで自信が持てて、人生ががらっと変わった人も
たくさんいらっしゃると思いますから、美容整形手術自体を
否定するつもりはありません。

親からもらった体をうんぬんみたいな古臭い精神論を
振りかざす気もありません。

手術で見た目が変わったことで、態度や行動も変わって
自信が積み重ねられたことで、逆に見た目が気にならなくなって
しまったなんてこともありえるでしょう。

ただね、手術を受けることに踏み切る前に、一度立ち止まって
考えてほしいことが2つあるんです。

まず、1つ目です。

「その手術を受けたらそれで完全に満足できる自信はありますか?」

「目はキレイになったけど、後からやっぱり鼻も直したい…
アゴも直したい…、次は体も・・・」

そんなふうに美容整形に依存状態になってしまって、
何回も何回も手術を重ねている人の話を一度は聞いたことが
ありますよね。

なぜそうなるのかというと、顔の問題(と思っていたこと)は解決しても、
心の問題ー「自分の見た目は劣っていて、そのせいで損をしている」
という思いこみは全く変わってないのです。

あなたは同じ状態になりたいでしょうか?

そして2つ目、

「手術が済んだ後に自分は整形手術をしたと堂々と言えますか?」

手術をして見た目が自分の理想に近づくことそのものは、
決して悪い事ではないですよね。

(親からもらった体をうんぬんみたいな説教をしてくる
ジジババは無視するとして。)

だけれども、それを堂々とカミングアウトできないということは、
手術して見た目を変えたことにたいして後ろめたさがあるってこと。

つまりは、自分はそもそもが顔や見た目の悪い人間で、
そんな自分が大嫌いで許せない。

その気持ちー心の問題は全然解決していないんです。

万が一、そんな状態で
「あの人って整形だよね、くすくす。」なんて聞こえてしまったら、
もう逃げ場がなくなっちゃうじゃないですか。

それじゃあまりにもつらい。

変な話ですが、
「顔のこの部分を変えておけば、たいていの人に
キレイに見られて○○のときに得するな。」というくらい、
見た目を変えることを単純な損得だけで冷徹に判断できる状態なら、
手術をしても後悔したり依存することもあまりないと思いますよ。

ここまでお読みいただいて、もうちょっと自分のこと、
心のこと、向き合って考えてみようかなと思われたなら、
ぜひこの続きもお読みください(^_^)

『聴くだけでふわっと心が楽になる』音声データをプレゼント!

毎日聴くだけで自分のことが大好きになれる
催眠を使ったガイド音声でゆったり瞑想!

あなたは、自分のことを人と比べてショボい人間だと思っていませんか?

あなたは、本当は自分のことなんて、だれも愛してくれないと思っていませんか?

そんな思いを胸に抱えて、ずっと苦しい思いをしてきたあなたのために、
このプレゼントをつくりました。

「もっと楽になってほしい」
「もっと自由に生きてほしい 」
という願いを
目いっぱいこめた音声ファイルです。

ぜひ、お気軽にお試しくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事