パチンコやスロットなどのギャンブルをやめたい。依存から抜けるには?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

給料が出るとすぐにパチンコ・スロットにいってしまいお金を使ってしまう。

貯金もすぐになくなってしまって、負けた金額を取り戻したいという思いに勝てない。

もちろん勝つ日もあるんだけれど、結局トータルではお金を減らしてしまう…
負けた後はものすごく後悔してやめようと思うのだけれど、何日か経つと
また行ってしまう。

負けて自己嫌悪になる負のループから1日でも早く抜け出したい。

こういったパチンコや競馬などの身近なギャンブルを、
このまま続けていると自分も破滅に向かうし、家族や友人など
自分の周りの人にも迷惑をかけるからやめたいという思いを持ちつつ、
どうしてもやめられないという人はたくさんいらっしゃいます。

アルコールや薬物、買い物やインターネット…
モノに対する依存、行為に対する依存、人に対する依存と
依存にはたくさんの種類がありますが、日本人にとって
特に身近なのがパチンコ・スロットへの依存ではないでしょうか。

私も若いときに友人に誘われてやってみたことがありますが、
全然勝てなかったおかげで運良くハマらずに済みましたが
(ギャンブルには負けたので運良くというのも変な感じですが…)
一歩間違ったら人生が全然変わってしまっていた可能性は否定できません。

パチンコ依存はもはや社会問題であり、公的な機関の相談窓口もありますし、
同じ悩みを持つ方の自助グループなどもあります。

差し迫った状況の方はそういった機関を利用することをおすすめしますが、
まずは「自分の身に何が起こっているのか」「抜けるためにどんなことが
必要になるのか」などを知っておいて損はありません。

また、当記事をお読みいただいて自分と家族で取り組めそうなことがあれば、
試していただいても良いと思います。

ご本人だけでなく家族や彼氏、彼女などが依存状態で困っている方も、
ぜひご参考にしていただければ幸いです。

パチンコ・スロット依存は意思の力ではやめられない

依存に関する本やホームページなどには
もれなく書いてあることではあると思いますが、
大事なことなのでここでも書かせていただきます。

「(パチンコ・スロット)依存は意思の力ではやめられません。」

自分が依存になってしまった方は、やめようと思ってやめられないことを、
「自分は精神力が弱い。」「自分は根性がない。」「自分はダメ人間だ。」と
責めてしまうことがよくあります。

ですが、パチンコや競馬などのギャンブルへの依存には、
脳内で分泌される物質が大きく関係しています。

これらがドキドキさせたり、不安にさせた後に、快感を与えて、ホッとさせて、
という強烈な体験をさせることで、脳にクセを刻んでしまうんですね。

こうなると自分の意思や思考はやめようと思っても、脳という身体の一部は
ついてこないわけです。

(パチンコ・スロットはお金を手に入れた興奮だけでなく、派手な演出による
光や音の刺激も強いので依存性はすごく強烈だと思います。)

だから、一番大事なことは“誘惑に負けてしまう自分”を否定しないことです。

それをすればするほど自分と向き合い、受けいれていくことがむずかしく
なりますから、克服からも遠ざかってしまいます。

あなたを支える公的機関などの仕組みも回復への方法もちゃんとありますし、
人間はいくつになっても成長できますから、ニュートラルな視点で自分のことを
見ていけるといいですね。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事