夢がかなったのに空虚に感じて満たされないのはなぜ?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

人の悩みというのは本当に千差万別です。

私の書いてきた心のアドバイス記事の大半は、
なにかうまくいかないことに対する悩みがテーマなんですが、
今回のご相談はちょっと方向性が微妙に違います。

それは、せっかく夢がかなって最初は嬉しかったのに、
しばらくしたら毎日が空虚に感じてしまうというもの。

たとえば、長い間努力をして目指していた仕事に就けた!
周りの人もすごいね、がんばったねって言ってくれるし、
収入や条件もとても良くなった。

それなのに…

今は何をやっても満たされない。ただ食べていくために目の前の仕事を
こなしているだけの状態・・・

こんなことなら、もうこの仕事はやめてしまったほうがいいのかな…?
だけど、やめたらやめたで他に生きがいが見つかるとは思えない…。

何をどう考えても前向きな未来が見つからない。

夢や目標としていたことをかなえるため、一所懸命になっていたからこそ
ギャップを感じてしまって余計につらいですよね。

そこそこ大きな会社やビジネスを創り上げた、傍からみたら成功者に見える
社長や経営者のような方も裏ではこんな感覚を抱いている場合も
多いようです。

原因としてまず考えられるのはいわゆるバーンアウト・燃え尽き症候群ですね。
これに関してはこちらの記事で取り上げました。

さらに今回はまた違った視点でこのお悩みについてお話していきます。

劣等感からパワーが生まれること

劣等感やコンプレックスがあるからこそ、
それを乗り越えるために努力して、気づいたら一流と呼ばれるほどの人物になっていた。

こんな話をだれもが聞いたことがあるかもしれません。

たとえば、元いじめられっ子がボクシングの世界チャンピオンに
なったとか、スポーツが苦手で肩身が狭かったけれど音楽が得意だったから、
それをがんばっていたら世界的なプレイヤーになっていたとか。

伝統的な心理学の世界では『補償』なんて言いますね。
これが芸術の創造や学問を究めるとか悟りとかにまでなると『昇華』とも言われます。

話がちょっとずれましたが、劣等感、自分に足りないと思っていることを、
補って埋めていこうとするとき、人間は時折ものすごい力を発揮します。

自分にとって足りないことを補おうとしていることは、
行動をしている本人にとって意識的に分かっているときもあれば、
そうではないときもあります。

“何かに突き動かされるように”なんていう感じですね。

では、なぜそんなに強いパワーを発揮することができるのでしょう?

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事