人前で話すのが怖い。失敗する怖さを乗り越えていく方法は?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

社会人として会社などで働いているならもちろん、
学生でも人前で発表したり、就職活動の中で
面接やディスカッションなど、人前で話さないといけない場面は
思いのほかたくさんあるものです。

ところが、そんな世間の状況と裏腹に、『人前で話すのが怖い!』
というお悩みでご相談される方は多くいらっしゃいます。

「ちょっと苦手…」というくらいのうちはいいのですが、
だんだんとひどくなって、極度のあがり症になってしまったりすると
大変ですよね。

今回は人前で話す(なにかする)ことの苦手感について、
そしてそれを克服していく方法についてお話していきます。

人前であがって失敗する原因はたった1つ

話そうと思っていたことが、頭が真っ白になって飛んでしまった…

手順を間違えたりしてパニックになってしまった…

壇上のものを落としてしまったり、ぶつかったしまったりした…

人前で話したことがある人なら、1回くらいはそんな経験があるのでは
ないでしょうか?

ちなみに私もあります。すごく恥ずかしくて顔から火が出そうになるし、
なんとか挽回しようとすればするほど空回りしてどツボにハマって
しまうんですよね。

上手に話すために事前にそれなりの量の練習を重ねていても、
なるときはなってしまうのが痛いところ。
しかも、終わったあとに「あんなに練習したのに…」って
余計に凹んでしまって苦しさも倍増してしまう…

こんなことになぜなってしまうのでしょう?

人前で話したり、何かをするときにあがって失敗する原因は
行き着くところたった1つしかありません。

それは、平たく言えば

『カッコつけるから』です。

もう少し表現を変えるなら、『普段の自分』ではない
『特別な自分』を見せようとするからですね。

ではなぜ、カッコつけること=特別な自分を見せようとすることが、
あがって失敗することになるのでしょうか?

まずはこちらの図をご覧ください。

たとえば、なにかの発表や面接などの本番のときに、
「普段の自分」以上の姿を見せようとするとき、
心の中には「特別な自分」のイメージが作り出されます。

そして、いざ本番というときに「特別な自分」を見せようとすると、
作り出された「特別な自分」意識が移動します。

問題はここから!

ここまで発表や面接の練習をしてきたのは「普段の自分」です。

練習して覚えたことや身につけたことは「普段の自分」の中に
積み重ねられて保存されています。

ところが本番直前になって作り出された「特別な自分」には、
練習したときに覚えたり身につけたりしたことは、
まったく存在していません。

つまり、練習で覚えたことも思い出せないし、身につけた動きも
出せなくなってしまうということですね。

これが、あがって頭が真っ白になってしまうメカニズムです。

この状態が繰り返されたり、あがって失敗した体験があまりにショックだと
いわゆる『あがり症』という心の不調になります。上記の図が心の中で
固定化されてしまうのです。

では、あがって大失敗しないように自分のペースで人前で話せるように
するためにはどんなことが大事なのでしょうか?

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事