何もやる気が起きないのに、不安ばかりがつのっていく時には。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

人間だれしも、やる気が起きず何も行動できないときはあるものです。

だけど、あまりにもそれが続いたり、頻繁に起こったりしてしまい、
そのせいで自分の将来が不安になってしまう。

特に休職しているときなんかはよくあることで、
せっかく仕事を休んでいるのに、気持ちは休まらなかったりして
非常につらい局面です。

自分の心の中では一方でしんどいから動きたくないと思い、
一方ではやらなきゃと思うというジレンマがとてもつらいですよね。
これが自分を責める言葉になったりしているなら余計です。

もしもあなたがそんな状態にあるのなら、早いうちに手を打っておくに
越したことはありません。

普段の記事では心の不調の背景や原因などを解説した後、解決へのヒントを
お伝えするようなスタイルをとっていますが、今回は趣向を変えて
記事を読み進めながら、ご自身で考えつつ不調を和らげていくような
かたちで進めていこうと思います。

やる気が出なくなるきっかけは?

意外に思われるかもしれませんが、やる気を取り戻して
行動ができるような状態にしていくためには、
心の傷つきのケアなど内面的なことより先に、
行動そのものをよりできるようにしていくことが優先です。

そうして、なにはともあれ整ったリズムで生活ができるように
することが最初の目標になります。

ほとんどの方は調子の良い日と悪い日があって、調子の良い日には
やろうと思っていたことができたり、外に出かけられたりするのですが、
逆に調子が悪いと、家で寝てしまったり、ゲームやネットをし続けたりで
1日をつぶしてしまったりしている。

なんてことに心当たりがあるはず。

そこで、まずは

【朝起きて気持ちが落ちる原因になったきっかけは何だったか?】

これを考えてみてください。

「朝、起きようと思っていた時間から寝過ごしてしまった。」

「朝イチで見たネットやテレビでイヤなことを思い出してしまった。」

「家族に気に障ることを言われた。」などなど。

もしもいくつかの日で共通するようなことが見つかればしめたもの。
それがあなたのやる気をくじく『引き金・きっかけ』です。

まったく同じ出来事でなくても、共通する要素が見つかればいいです。

たとえば、

「活躍している人や輝いている人の情報を見ると比べて落ち込む」

「自分の欠点と思っていることが浮き彫りになって凹む」

こんなことであれば、何で見たとかだれから言われたとか関係なく、
『引き金・きっかけ』になります

まずは思いつく限り書き出してしまってから共通点を考えると
いいですよ。

また、完璧にそれだ!と特定できなくていいので、
いったん仮説としておいて、日々を過ごすうちにやっぱりちょっと
ずれていたら修正するくらいでやっていけば○です。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事