憧れの人のようになりたい!と思ったら、知っておくといいこと。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

それは、同じ会社のかっこいい上司や先輩かもしれない。
または、テレビや動画サイトの向こうの芸能人やアーティスト。
はたまたビジネスで大成功したカリスマのような人。

「ああ、すごい…、かっこいい…、自分もこんなふうになりたい!」って
思ったことってだれしもがありますよね。

そんな気持ちをもつことは自然なことだし、人生に張り合いが出るし、
素敵なことだと思います。

ただ、どんなものごとも行き過ぎてしまうと害になります。

今回はその『だれかになろうとする』ことの落とし穴についてと、
『憧れの気持ち』を正しく活用して、自分の成長につなげる方法を
お伝えしていきます。

憧れの人そのものになるのはムリ!

いきなり完全否定から入って本当に申し訳ないのですが…

自分が憧れているその人そのものになるのは不可能です。

でもそれが、当たり前だと分かっていても、自分の理想を
体現しているような人や自分を認めてくれるような人に出会うと、

「こんなふうになりたい!」

って思ってしまうのが人情ですよね。

でもやっぱり、その人とは身体も違えば、脳も違う、遺伝子も違う。
それまで経験して積み重ねてきたことも違う。なにもかもが違うのです。

「その人そのものになろうなんて思ってなくて、
同じことができるようになりたいだけだよ!」って

反論も頭に浮かんでるかもしれないですね。

それでも、人間には適正、向き不向きがあります。
同じレベルでできるようになることと、なれないことがあります。

憧れの人と同じように○○はできるようになった。

でも、■■はできない。

そうなってしまった時、そんな自分を受けいれられれば良いですが、
「絶対にこうなる!」という力みがあると、理想に届かなかった絶望が
わき出してしまって、燃え尽きてしまうことが往々にしてあります。

じゃあ、誰かを理想にすること、目指すことは
完全にやめてしまったほうがいいのか?

結論から言えばそんなことはありません。

そこには心の構造をふまえた正しい方法があります。
ここからはそれをお伝えしていきます。

真似をすることはいいこと。ただし…

憧れの人になりたいと思うと、多分その人のいろんなことを
真似してみようと考えるんじゃないでしょうか。

真似をすることは実はすごく良いことです。

『学ぶ』の語源は『真似ぶ』だという説もあるくらいですから。
(これは中学校のときの国語の先生から聞いていまだによく覚えています(^_^))

人間の心は生まれてから今まで生きてきた中で、見て聞いて感じたデータが
細胞のように集まってできています。
(遺伝や身体の情報も含めると生まれる前もあると言えますが…)

そして、そのデータのほとんどは『人間』のデータです。

だから、言ってしまえばたくさんの真似の集合体なんです。

そう、今の自分の心をより大きく豊かにしていくために、
さらに新しい人間のデータを取り込んでいくのは理にかなってるんですね。

そして別の視点で見てみましょう。

あなたと憧れの人の心では、当然ながら取り込んできたデータも
その組み合わせも全く違います。

つまり、得意なことも違えば苦手なことも違う。

その人の真似をしたところで、同じになれる道理がないんです。

ここまでお読みいただいてお気づきかもしれません。
だれかの真似をするのはそのだれかになるためではありません。

あなた自身を大きく豊かに成長させるためなのです。

この原則が分かっていないと、真似をするという行為は同じでも、
目的地がずれていってしまいます。

というわけで、ここからは効果的に自分を成長させるための
“真似”の方法をお伝えしていきますね。

もうコミュニケーションに苦しまなくていいんです。

メール&動画セミナーを無料でプレゼントします!

「コミュ障克服のために知っておきたい“6つのカン違い”」

コミュニケーションに苦手意識ありますか?
それ、もしかしたら、ただのちょっとした
カン違いのせいかもしれません。

コミュ障を克服するための心がまえや考え方
カンタンな練習方法などを
Eブック(PDF)と動画でお伝えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事