リストカットや過食などの困った癖がやめられない…改善するには?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

ストレスがたまったり、気持ちが落ち着かなくなったり、
すごくつらい出来事があったりすると、
つい手首や腕をカミソリやカッターで傷つけてしまう…
お腹がいっぱいなのに関わらずたくさん食べたり飲んだりしてしまう…

リストカットやアームカット、過食(暴飲暴食)といった、
比較的重めの癖だけでなく、爪噛みや毛抜き、皮むきのような
もう少し軽いものも『困った癖』と言えるでしょうか。
(もちろん比較的軽いからといって、問題が小さいというわけじゃないです。
身体を傷つける度合いとして小さいというだけですよ。)

普段の冷静なときには、それが良くないことだというのは
分かっていて、できればやめたいと思っているのだけど、
でもやっぱりついついやってしまうからこそ、
困ってしまうんですよね。

今回の記事では強い衝動でついついやってしまう、
自分を傷つける困った癖について理解を深めつつ、
癖を減らして楽にしていくことについてお話していきます。

癖をやってしまう衝動は自分が思っているより強い

リストカットや過食はもちろん、爪噛みや毛抜きなどを
自分の意志でやめられないことで、

「自分は弱い。」

「自分はダメだ。」

なんて、自分を責めたりしていることってありませんか?

心の片隅にそんな思いがあったりしませんか?

もし当てはまるなら安心してください。
それ、ただのカン違いです。

その行為をやりたくなる衝動って実はすっごい強いんです。

自分が思っているよりもはるかに。

このことって当たり前みたいなんですが、
今回のテーマでお悩みの方の大半が自覚できて
いなかったりします。

それなのに、皆さんその行癖を自分の意志でやめられないことで、
自分を責めたりして、さらに自分を追い込んでしまうことが多いんですね。

なので、癖を改善したいと思い立ったら、一番最初に必要なのは、

この衝動は実はめっちゃ強い!
自分ひとりの意思の力だけでカンタンになんとかなるようなものじゃない!

だから、やめられないことで自分を責める必要も落ち込む必要もない!

って自覚することです。

決してあなたが悪いわけでもないし、弱いわけでもない。
だから安心してくださいね。

そしてとにもかくにも、自分から自分に向かって、

特に胸やお腹などに“イヤな感覚“があればそこをなでてあげながら

「あなたは悪くないよ。」

「あなたは充分がんばってるよ。よくやってるよ。」

ってたくさんたくさんシャワーのように言葉を浴びせてあげてください。

カウンセリングの中ではこれだけでも、
ほろりと涙をこぼされながら、ホッとされる方もいらっしゃいます。

これはもともとあった心の中のやわらかで繊細な部分を、
鎧で絞めつけていたのが開放されたのだと思うのですね。

「本当はつらかった…」という気持ちが出したくても出せなかったから。

心に要らない部分はないんです。

その繊細な部分も外の世界と向き合う鎧の部分もどちらも大事

それぞれが仲良くバランスをとって存在することが大切なのです。

でも、だからといってここからいきなり心の深い部分の問題に
いきなり向き合えばいいというものでもないのです。

内面の問題も大事かもしれないですが…

たとえば、リストカットって少し前までは、
「人の気を引きたいから無意識的にやる」って言われてました。

最近だと、習慣的にやるのは「せつない、さみしいなどのつらさを
一時的にリセットする」ためって言われているようです。

(いずれにしても原理的には心のエネルギーの状態を安定させるためですが)

たしかに、そういう心の内面の問題はあるでしょうし、
最終的にはそれも解決していければ、それに越したことはありません。

また、人間関係が苦手とか、ストレスの解消方法がないとかの課題があれば、
それはそれで、並行して対処していく必要はあると思います。

とはいえ、あまりに心の深いところの問題からなんとかしようと
してしまうと、時間がかかってしまうわりには、癖・行為自体の改善が
なかなか進まないということになりかねません。

(頼まれてもいないのに、とにかく心の問題の深いところを解決したがる
カウンセラーさんは多いですが…。)

まずは、今困っている癖・行為に対して対処ができる力を身に着けていく、
そして安心感や自信をつけて「普段の自分」を強くしてから、
必要なら少しずつ心の深いところに向き合っていく。

それが大事な順番ですので、リストカットや過食などで困っているから
といって、いきなり向き合うのがつらい心の傷にいきなり相対しなくても
いいんですよ。

そして、もしも、リストカットの傷が命に関わるほど深いとか、
過食と拒食の繰り返しで異常に痩せてしまっているなどがあれば、
病院や施設などのお世話になることも検討していかなければいけません。

そんな急を要する状態を見落とさないためにも、
今現在起こっている困りごとに目を向けることは大切なんですね。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事