怒りに振り回されてしまう、コントロールできない。改善していくには?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

このひとつ前の記事では主に『怒り』をため込んでしまうことを
テーマにお話を進めてきました。

ぜひ、合わせてお読みくださいませ。

今回はさらに深い内容に入っていきます。
って言ってもむずかしくて専門的なことじゃなくて、
もっと自分のことをしっかり見つめて理解できるような
お話ですのでご安心ください。

必要以上の『怒り』は心の負担になります。

前回の記事では『怒り』をため込まないようにする
方法などをお伝えしたわけなのですが、
あまりにいつもいつも『怒り』が発生するようだと、
それに対処するのもひと苦労。だんだん追いつかなくなってきます。

今現在、ムカッっとくるようなことも、さらーっと流せるようになれば、
余分なエネルギーも使わず、ストレスもあまり感じなくて済むし、
漏れ出たイライラなんかで周りに迷惑をかけたり、
人間関係を悪くしないで済みますよね。

普段は平穏にスマートに過ごしつつ、
本当に怒るべきときにはしっかりと怒る。

いきなり完璧とはいかなくても、だんだんとそんなふうに
なっていけるとすごく楽に人生を過ごせそうじゃないですか?

ほとんどの『怒り』は二次感情です。

人生にとって余計な『怒り』を生み出さないようにしていこうとすると、
どこから『怒り』がやってくるの?というところに、
つっこんでいく必要があります。

前回の記事の最後にお話した「怒りの底にあるもの」ですね。

『怒り』が湧き出すその底にある別の感情です。

『怒り』が二次感情だとすると、その大元になる感情が一次感情。

じゃあ、この一次感情ってなんでしょう?

たとえば、『恐怖』
これは生物の本能的に自分の安全を脅かすものに対して、
『怒り』のエネルギーで対抗しようとする反応ですね。

または、『不安』
恐怖と近いですが、人との関わりやお金などもう少し
社会的なニュアンスがからんでくるように思います。

こんなふうに細かく分類しだすとキリがないですが、
心の健康に影響を大きく与えているような『怒り』の感情の
元にあるのは『悲しみ』『さみしさ』であることが非常に多いです。

↓こちらの記事でも触れた

「○○してほしかったのに、してくれなかった!」

あなたがいろんなことをたくさん吸収して覚えていっていた
小さいこどものころに、こんな経験をすると、どんな感情を
感じたでしょう?

やっぱり『悲しみ』『さみしさ』じゃないでしょうか。

でも、それを感じ続けるのはつらいこと。

だからエネルギーを使って『怒り』を発揮して、
なんとか「してほしいこと」を「してもらわないと」
いけなかったわけですね。

表面的にあらわれている『怒り』への対処は、
病気に対して薬を飲むようないわば“対症療法”。

もちろん、それはそれで大事なこと。

『怒り』の底にある『悲しみ』や『さみしさ』に、
アプローチをしていくことは、病気になりにくくするための
“体質改善”に近いイメージかもしれません。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事