怒りの感情が頭から離れない、消えない。解消するには?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

ものすごくムカつく!頭にくる!腹が立つ!ってできごとがあったり…
長い間、理不尽なことやストレスがたまることに耐えてきたり…

そんなことがあると、その相手、組織、はたまた世間なんかに
対する怒りがことあるごとによみがえってくる。

だからといって子どものように、周りに当たり散らすわけにもいかず、
気分は悪くなる一方…

私も接客業を長年やっていましたが、理不尽なクレーマーの相手をしたときなんかは、
その後、1週間くらいは引きずりましたね。

寝付きは悪くなるし、頭は回らなくなるし、イライラが漏れて同僚や家族にも
迷惑をかけてそうだし、本当に困ったものです。

実際のカウンセリングのセッションでも『怒り』がなにかしらの形で
心の不調に関わっていることはとても多いですね。
裏を返せば『怒り』をしっかりと扱うことが回復への最初のキーになることが
多いとも言えます。

今回の記事のテーマはそんなしつこく消えない『怒り』の感情についてです。

怒りに“ふた”をするのは良くないとはいうものの…

『怒り』に限らず、ネガティブ(に思える)感情にふたをして、
抑えてしまうということが、心の健康上あまり良くないというのは、
なんとなく想像してもらえるかなと思います。

心の器にも限界がありますから、あまりにため込んでしまうと、
ふたが外れないように一所懸命押さえることにエネルギーを使ってしまったり、
(たとえば、こんな症状があらわれたりします。)

ふたがふっ飛んで爆発してしまったり、(頭が真っ白になるほどキレてしまう)

ひどいときには器が壊れてしまうようなことも…

そう考えるとすごく怖いですよね。

でも、みなさんが困るのはのべつまくなしに『怒り』を外に出すのは、
まずいことが分かってるからじゃないでしょうか。

当たり前のことですが、職場や学校で何かあるたびに
大声を出したりしていれば問題児扱いされますし、
(それがまかり通るような会社なら相当なブラックですね…)
友人や同僚も離れていってしまいます。

ましてや暴力でも振るおうものなら、捕まって刑務所行きです。

家庭内だってこんなことが続いたら幸せではいられません。

そう思うと『怒り』ってものすごく厄介者のように
感じられるかもしれないんですが、決してそんなことはなく、
自分や大事な物を守る必要がある場面などで、
パワーを発揮するためのとても大事な感情なのです。

(怒りの持つ意外な側面に関しては、こちらでご紹介している
本を読まれると面白いですよ。おすすめです!)

『怒り』を抑えがちな人って、必要以上に『怒り』を悪者に
してしまう傾向があって、「怒ってはいけない」っていう
思い込みがけっこう強いです。

まずは、『怒り』という感情も大事な自分の一部なんだと
見直してあげることがファーストステップですね。
もちろん、怒るとまずい場面で『怒り』を抑えられるのだって
立派な能力ですから、それができる自分も素晴らしいですよ。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事