手洗いやカギの確認等を何回もしてしまいやめられない。原因や対処法は?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

何回も何回も手を洗うことを繰り返してしまったり、
ガスの元栓や家のカギを閉めたかどうかが気になって
何回も確認を繰り返してしまう…

他にも自分の納得いくように身の回りのものが収まっていないと
異常に気になってしまったり、
違う手順で物事を行うことがどうしてもできない、
だれかに迷惑や危害を加えてしまったのじゃないかと心配になり、
周りの人に確認したりしてしまう…

頭ではバカらしい、大して意味はないということは分かっているのに、
どうしても頭の中をそのことがぐるぐるして
気になってしょうがないし、実際にその行為をしないと気がすまない…

ひどいものは一般的に『強迫性障害』とも言われる心の不調です。

これが続くと日常生活的にもすごく大変だし、
精神的にもかなりの負担ですよね。

今回の記事ではそんな困った症状への対処法として

  • 気持ちと行為・行動に分ける
  • 行為・行動に優先的に対処する
  • 心にためこんでいる感情をクリアにする

といったポイントを解説していきます。

最初は悪循環に気づくことが大事

ほとんど意味のないことの繰り返しをしてしまう人は、
多くの場合、

「このままこの気持ち悪い感じでいるのはイヤ!耐えられない!」

という感覚からなんとか逃れようという気持ちがとても強いです。
(当たり前かもしれないですけど、けっこう大事なとこです。)

人間の心って必ず不安定→安定に向かうという原理があるので、
これはある意味では自然なことなんですね。

なんですが、「イヤな感じ」を乗り越えて安定させるのと、
乗り越えるのを避けて元に戻すのでは実は全然違うんです。

(詳しくはこちらの記事へ)

そして、もう一個大事なことがあります。

それは、「○○しなくちゃ!」という気持ち(強迫観念と言います)と、
〈○○をしてしまう〉という行為・行動(強迫行為と言います)が、
セットになっていることです。

この『気持ち(強迫観念)』と『行為(強迫行為)』って、
どっちが先っていうわけでもなく、
「しなくちゃ!」って思うから〈やってしまう〉し、
〈やってしまう〉から「しなくちゃ!」という思いが渦巻くという、
なんともややこしいものだったりします。

さらに言うと、このセットって『自分ルール』で動かしてるんです。

「ここまでやる。」「このときはこうする。」っていうのは、
だれかから「やれ」って言われたからやってるわけじゃなくて、
自分で決めてやってるということに気づけたら、まずは第一歩達成です!

人によっては『気持ち』と『行為』の『自分ルール』が
自分で把握しづらい場合もよくありますので、
そんなときにはカウンセラーがお手伝いがあると楽ですね。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事