認知の歪みのある自動思考を矯正して治したい!どうしたらいいの?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

何かの出来事があったとき、瞬間的にパッと浮かぶ考えを
『自動思考』といいます。
心のクセともいえる『自動思考』の中にこんな内容がよく出てくるなら要注意。

「〇〇するべき!」

「××さんに嫌われたなら、みんなに嫌われてるはず!」

「100%△△じゃなかったら意味がない!」

そういった極端な物事のとらえ方は、心理療法の世界では
『認知の歪み』といいます。

少しでも心理学のことをかじったことのある人なら
聞いたことがあるかもしれませんね。

こういったとらえ方、考え方を持っていると
とても生きづらいですし、ひどい場合にはうつなどの
心の不調をまねく原因になっていきます。

そこまでいくとちょっと怖いですよね。

今回はそんな『認知の歪み』について解説しつつ、
どうやってそれを矯正・解消していくかについて、
お話していきます。

あなたがこれから自分自身と向き合って生きていくのが、
ちょっとでも楽になるといいなあと思います。
ぜひ、役に立ててもらえればうれしいです。

そもそも『認知』って『歪む』の?

まずはこの大前提から一緒に考えてほしいのですが、
『歪む』ってそもそも良い意味で使われないですよね。

「あの建物は歪んでる。」って言われたら、そこには住みたくないですし、
「●●さんは性根が歪んでるから…」とかって言われてる人がいたら
あまりお近づきにはなりたくないです。

それを踏まえるとですね、『認知が歪んでる』って
あたかも悪いことのようですよね。

むしろ当たり前のように、それが悪いことって思ってたんじゃないでしょうか?

ここにひとつの大きな落とし穴があるんです。

なぜだと思いますか?

それは『認知が歪んでいる自分』を“悪”だととらえてしまうことです。

つまり、自分自身の否定につながってしまうのです。

これを続けている限り根本的な解決にはつながらないですし、
むしろ、状態は悪化していきます。

『認知の歪み』を治そうとして、何かあるたびに
「いや、そんな考え方じゃダメだ!」なんてやっていると、
表面的には良くなってる感じがするかもしれませんが、
心の奥底では問題がややこしくなっていっている可能性が大です。

じゃあ、『歪み』じゃなかったらなんなの?って話ですよね。

『歪み』ではなく『偏り(かたより)』

その『歪み』だと思っている『認知(とらえ方)』に
デメリットが多いのは確かなんですよね。
ひとつの問題ではあることは間違ってないのです。

じゃあ、いったいその生きづらさを生んでいる『認知』って、
なんなんでしょうか。

それは、一言で言ってしまえば『偏り(かたより)』です。

要は極端すぎてバランスを崩している状態。

だから、あまり良いことはないのだけど、
だからといって100%悪いというワケではない。

ここすごく大事なトコロなんですよ。

(『歪み=悪』ってなっている時点で、それ自体が
「認知の歪みはなくすべき!」っていう思考に
なってしまっているのはすごく皮肉なことですね。)

「この『認知』って歪んでるなぁ、これは良くないから
矯正して直さないといけないなあ…」
なんて考えているものがあるのなら、一度こんなことを考えてみてください。

「その認知、とらえ方で得られるメリットってなんだろう?」

「その認知、とらえ方をするとどんな良いことがあるんだろう?」

「その認知、とらえ方をすることで何が手に入るのかな?」

それは物質的なもの、モノやお金だったりするかもしれませんし、
仕事の成果や人間関係などのカタチのないものかもしれません。
はたまた、感情や感覚のようなものかもしれないですね。

まずは、いろいろな視点から考えてみることをおすすめします。

『聴くだけでふわっと心が楽になる』音声データをプレゼント!

毎日聴くだけで自分のことが大好きになれる
催眠を使ったガイド音声でゆったり瞑想!

あなたは、自分のことを人と比べてショボい人間だと思っていませんか?

あなたは、本当は自分のことなんて、だれも愛してくれないと思っていませんか?

そんな思いを胸に抱えて、ずっと苦しい思いをしてきたあなたのために、
このプレゼントをつくりました。

「もっと楽になってほしい」
「もっと自由に生きてほしい 」
という願いを
目いっぱいこめた音声ファイルです。

ぜひ、お気軽にお試しくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事