引きこもりが辛いからやめたいと思うあなたに伝えたいこと。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

家から出られない、
もしくは近所のコンビニくらいには出られるけれど、
人と関わったり外で仕事するのはムリというのも、
厚労省の定義からすると多少ずれるのかもしれないですが、
広い意味では引きこもりと言ってもいいのかもしれませんね。

『引きこもり』が社会問題となって久しいですが、
社会がどうとか世間がどうとかは、
この記事ではとりあえずおいといて、
今、これを読みに来てくれたあなたにお話をしたいと思います。

引きこもりがそんなに悪い?

引きこもりをしていること、
それに対する世間の風当たりって確かに強いです。

だからと言って、
自分も世間の考えに従って自分自身のことを、
低くみないといけないのでしょうか?

引きこもりを攻撃する人々

うつなどの人に対しても、同じようなことがありますが
ネットの掲示板サイトなどでも、やたらと引きこもりを
非難している人がいますよね。

やたらと偉そうに日本の社会にとってどうとか、
経済がうんたらとか。

こういう人って多少頭が良くて
知識だけはそれなりにあるんだけど、
結局自分の現状に満足することができなくて、
しかもそれを変えるための行動もできない人が大半です。

きっと、もっと休みたいとか、もっとサボりたいって
思いつつもそれができないから(って思い込んでるから)
その理想を体現している引きこもりの人がうらやましく
思えるのでしょうね。

引きこもりがうらやましければ自分もすればいいのに。
なんて私などは思ってしまいます。

だって、やろうと思ったらできますよね。
もしも親が亡くなっていても、
金持ちの彼氏彼女でもつくって、
家に転がりこめばいいだけじゃないですか。
結局はそのための行動をしてないだけの人たち。

こうして視点を変えるとお気の毒な方々だなと
思えてきませんか?

引きこもりには悪い面しかないの?

引きこもりに限らず、
世の中のものごとに全て悪い面しかない。
全て良い面しかない。そんなものは存在しません。

全てのものごとには良い面も悪い面も両方が共存しています。

良い面、良かった面は人それぞれにあるのかもしれませんが、
たとえば、あなたが引きこもりになることを選んだのは、
ひとつには自分の身や心を守ることだったのではないですか?

自分のことが完全に壊れてしまわないよう大切に守ることって
大事なことじゃないですか。

残念ながら同じ状況で自ら命を断ってしまう方もいます。

どんな人にだって自分ではなんともならない、
理不尽な人や出来事に襲われることがあります。

自分の命を守るという選択をしたあなた自身を
誇りに思ったっていいんですよ。

あとですね、引きこもりの人やしていた人とお話すると、
自分に『経験』がないということを恥じたり、
引け目を感じたりすることが多いです。

それって、『経験』それに含まれる
『社会経験』をごっちゃにしてませんか?

確かに社会人になる前に引きこもりになってしまった人には
『社会経験』はないのかもしれません。
(社会で仕事したりするには重要になってくるけど…、
これに関しては後述します。)

でも、引きこもりになってしまった
引きこもりとして過ごした『経験』は
一般的な人は持ってないのではないですか?

そう、引きこもりの『経験』だって立派な『経験』です。

もしもあなたが近い将来、
外の世界で自由に生きられるようになったとき
同じく引きこもりの人の辛い気持ちを、
分かってあげられたりできるのではないですか?

結局はどんな『経験』もどう活かすかなんです。

あなたが生きてきた人生にはあなたしかしていない
『経験』があります。

その『経験』に役にたたないものはありません。

どんなふうに自分の人生に、自分の大切な人に活かし、
役立てるかはこれからのあなた次第です。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事