会話のすれ違いでケンカしてしまう。彼氏・彼女や夫婦や友だち同士…

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

彼氏・彼女や夫婦の間、親子や兄弟、友達同士…

人と人との関係の中で、会話のすれ違い、行き違いで
ケンカしてしまったり気まずくなってしまうこと、
だれもが経験することだと思います。

「そんなつもりで言ったんじゃないのに…」と

自分の意図や気持ちとは違うとらえられ方をしてしまったり

逆に「そんなこと言わなくてもいいじゃない!」と、
頭にきてしまったこともあるのではないでしょうか。

後から冷静に振り返ると、
「本当は仲良くしたかったのに…どうしてすれ違ってしまったんだろう」
なんて後悔の気持ちがわいてきたりして、悲しかったり悔しかったりしますよね。

正直なところ私もすれ違いや行き違いで、
ケンカしたり怒らせたりなんてしょっちゅうです(笑)

とはいえ、会話するうえでやっぱり知っていると
全然違うことってあるんですね。

今回の記事では、そんな分かっているようで分かっていない
会話のすれ違いの根本原因と、それを少なくしたり
仲直りなどのリカバリーを効果的&効率的にする方法をお伝えしていきます。

そもそも会話には情報が足りない

まずは会話に関する大前提なのですが、そもそも人間と人間の会話には
情報が全然足りません。

なんでなのかというと、その会話中に
相手が相手の心の中で何を感じていて何を考えているのかを
100%知ることができないからです。

じゃあ、なんで会話ができているかというと、
相手が話している言葉や口調しぐさや表情などに対して
自分の心の中で情報を補っているからなのですね。

ちょうどこんな感じです。

実際に相手の心の中で何を考えて感じているかと
合致してるかどうかは関係なく、

「〇〇な感じだなあ」

「△△ってことだろう」

という前提で会話を進めているのです。

それは、もちろん無意識的にやっていることです。

本当に正確な会話の情報は、
自分が観察したこと相手が感じたこと合わせたもの

ではあるんですが、これは相手の心を読むことができない以上は
限界がありますよね。

よくあるこんな会話のすれ違い

よくありがちな男女のすれ違いでこんなのありますよね。

女性
「今日来たお客さんが
すごいワガママな事言い出して
本当に大変だったの!」

男性
ああ、そういう時はね、
ダメなものはダメって
はっきり言ってやれば
さっさといなくなるよ!

女性
ふーん・・・

といった会話の後、女性は機嫌が悪くなり、男性はなぜ相手の機嫌を
損ねたのか分からない・・・なんていうやつです。

この会話を心の中で起こっていることに置き換えると、たとえばこんな感じです。

女性
今日はホントにムカついた!
この怒りを分かって!

男性
なるほど!次から困らないように
アドバイスしてあげよう!!

女性
そんなこと聞いてないし!
なんでこの気持ちを分かってくれないの?

男性
あれ…機嫌悪そう…
なんか間違ったこと言ったかな・・・

こうやって、見事にすれ違っているわけなのですね…

男女の考え方の違いに関しては、今回のテーマとはズレますので
細かくはお話しませんが、男性と女性の間でなくても、
こんなすれ違いはいくらでも起こっている、
というか程度の大小はあるけどもほぼ全ての会話で起こっていることです。

親子間なんかも分かりやすい例ですね。

親は子どもに「勉強しなさい!」なんて言うのですが、
子どもは「今からやろうとしてるのに!」と、
ただうるさいとしか思わなくなってしまう…
なんていうのはあなたも経験があるんじゃないでしょうか?

毎回毎回トラブルが起こらないのは、
日常ほとんどの会話が相手の言葉を聴いて、
自分の心の中で想定していること、
相手の心の中で感じていることなどの
ズレが大して生まれない程度の単純な内容だったり、
ズレていたところで問題にならない内容だからです。

言われてみれば当たり前のことなんだけど、普段会話するときには
そんなのはいちいち気にして話したり聞いたりしないですよね。

ところが!

それゆえに会話のすれ違いによるトラブルは後を絶たないわけです…

もうコミュニケーションに苦しまなくていいんです。

メール&動画セミナーを無料でプレゼントします!

「コミュ障克服のために知っておきたい“6つのカン違い”」

コミュニケーションに苦手意識ありますか?
それ、もしかしたら、ただのちょっとした
カン違いのせいかもしれません。

コミュ障を克服するための心がまえや考え方
カンタンな練習方法などを
Eブック(PDF)と動画でお伝えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事