イップスが治らないときに効果的な練習方法はたった1つでOK!

こんにちは。
心理インストラクター &
カウンセラーのイヌカイです。

『イップス』という言葉もだいぶ一般的になってきましたね。

念の為Wikipediaにある定義をご紹介しておきます。

イップス (yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。  Wikipediaより

本番などで決定的なミスをしてしまってから
そのプレーがまったくできなくなってしまうことなどが
典型的な例ですね。

主にスポーツの分野で言われることが多いですが
演奏家や役者、パフォーマーなどをはじめとしたアート系の方や
それこそ一般のサラリーマンの方でもプレゼンや営業ができなくなる
といった症状になることもあります。

本当に軽い例でいくとゲームをしていても
近い状態になることがありますね。

実はある傾向の性格の人にとっては、イップスになってしまう可能性は
すぐそばに潜んでいるのです。

特定の場面になると身体が固まってしまったり、
事前に思い描いていた行動がぜんぜんとれなくなってしまう
イップスを克服するためにはふつう思い浮かぶことと
“逆”のことを練習するのが一番効果的です。

今回の記事では、心の構造と原理から図解も活用して
イップスについて分かりやすく解説しながら
克服のために取り組むことをお伝えしていきます。

イップスになりやすい人

イップスになりやすい人は性格にある傾向があります。

うつやあがり症になりやすい方とも共通していると言えば
分かりやすいでしょうか?

それは

「マジメ」

「責任感が強い」

「完璧主義」

そんな性格です。

また、普段は決してそんな性格ではなくとも
その競技などには普段とうって変わって
真剣にマジメに責任感強取り組んでいるなら
イップスになる可能性は大いにありえます。

ある意味では「プロ意識」のようなものが
強い方とも言えるかもしれません。

裏を返せば、遊びでテキトーにやっている人は
イップスにはなりにくということですね。

イップスになってしまうということは、
その競技や芸事や仕事に真剣に取り組んでいるということ。

まずはそのことには自信をもってほしいなあと思います。

それだけひとつのことに打ち込んでいることは
掛け値なしに素晴らしいことですから。

イップスになった心の状態とは?

上記のイップスになりやすい性格

「マジメ」、「責任感が強い」、「完璧主義」といった性格には
ある共通点があるんですね。

それはちょっとカタい言い方をすると

『ある状態の自分』の拒絶です。

具体的にはどんなことかというと、『ある状態の自分』とは
イップスの例でいくなら

「プレーでミスをする自分」

「チームメイトに迷惑をかける自分」

「人前で恥をかく自分」

こんな感じでしょうか。

そしてこういった自分が、

受けいれられない。

許せない

嫌い。

これが『拒絶』です。図にするとこんな感じ。

ミスをしたときなどのショックで、普段の自分から「ミスをする自分」が
追い出されてしまってます。

追い出されたことにより、普段の自分とつながりが切れてしまっていて
コントロールができない状態を表しています。

図の左のほうに『意識』と書いた●がありますよね。

本番で失敗したときの感覚が記憶からよみがえってきた瞬間、
それとリンクした拒絶されている

『ミスをした自分』『迷惑をかけた自分』に勝手に(この“勝手に“がポイント!
意識が移動してしまい、また、失敗したときの自分が再現されてしまいます。

これが『イップス』の状態です。
(実は心・メンタルの問題は総じてこれなんですが…)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事