変わった人と言われるのがストレスに感じるあなたに伝えたいこと

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

昔から

「お前は変わっている。」

「あの人は変な人だ」

「○○さんは変わってるから…」

 

そんなことを言われてしまう。それも一人二人でなく何人も…

学生のころや今より若いころには、正直あまり相手や周りのことは
考えない言動や行動もあったかもしれないけど、
今はコミュニケーションにも容姿や身だしなみにもすごく努力をしてるのに…

どこへ行ってもやっぱり変わっていると言われるのがストレスでたまらない。

そんなお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。

勇気を出して相手にどこが変わってるのか聞いてみても、
「なんとなく」とかってはぐらかされたりして余計にストレスがたまったり…

それでもみなさん本当に「変わっている」と
言われることを気にされていて、人間関係を大事にするために
すごく努力されているのは間違いないです。

自分なりに努力をしているのに、それが報われない感覚もつらいですよね。

がんばっているのにそれでも「変わっている」と言われて、
ストレスを抱えてしまう姿を見るのは私も悲しくてくやしい気持ちになります。

この記事では、

  • 人に対して「変わっている」という人のこと
  • 変わっていることの価値
  • 変わっていると言われることの怖さを理解する

といったお話をいたします。

あなたにほんの少しでも気持ちが楽になってもらえたらうれしいです。

日本の社会は変わっている人には特に苦しい

「変わっている」ことをやたらと疎ましがられたり嫌がられるのって、
この日本の社会では特に顕著なんじゃないかなと思います。

良くも悪くも日本は農耕民族のムラ社会文化が、
社会通念のベースに未だに色濃く受け継がれているので、
異質なものを排除したがる傾向があります。

その割には欧米の影響をすぐに受けるので、
心の底では集団への同調を求めるくせに
「個性が大事」だとか「平均的なやつはつまらん」とか平気で言いますからね…。

(だからこっちの悩みを持つ方もいらっしゃいます。↓)

はっきり言ってしまってこの日本という社会は生きづらいことこの上ないですよ。

こんな言い方は失礼かもしれないけど、
アメリカのような他民族多文化が混ざりあうような
社会に生まれていたらこの悩みを持つこともなかったかもしれません。

ただ生まれた場所が悪かったと言ってしまえば
そうなのかもしれないですが、それで終わってしまったら
この記事の意味がないのでさらにいろんな方向から考えていきますね。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事