無気力状態を改善したいときの休み方にはコツがあるんです。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

「最近、毎日無気力で動けない…」

「すべきことはわかっているのにやる気が起きずに先延ばしに…」

「以前はその状況に対して「まずい」という焦りや動揺が
あったはずなのにそれすらも感じなくなってきた…」

私もうつになってしまったときには同じような経験をしました。

焦りとか動揺がうすくなっても、
それでもやっぱり心の奥のほうではなんとかしたくて…
でもできないというギャップが苦しくて、

でもやっぱり動けない。

これの繰り返しでどんどん弱ってしまいましたね…

でも、これで人生全部終わりじゃないです。

ごくごくほんの一かけらだけでもなんとかしたいという
気持ちがあるならだいじょうぶ。

この記事ではあなたが力を取り戻して、
また生き生きと人生を歩めるようになるために
注意することや休むときのコツなどについてお話していきます。

無気力になってしまった原因は?

まずは原因から考えていってみましょう。

細かいことを言えば人それぞれになってしまいますが
無気力状態になってしまうような原因で
よくありがちなのは次の2つの理由です。

1つは「高理想あきらめ型」

もう一つは「燃え尽き型」です。

それぞれをちょっとくわしく見ていってみましょう。

高理想あきらめ型

いわゆる“完璧主義”とかそれに近い考え方を
持っている人がなりやすいタイプです。

「自分はもっとできるはず」って
高いハードルをクリアしている姿のイメージはあるのだけど、
現実ではうまくいかないことが何回も何回も繰り返しあって
そのうちに何もかもイヤになっちゃう。

職場とかで自分の実力は人より高いと思っているのに、
人と同じかレベルの低い(と思っている)仕事しか与えられず
毎日毎日過ごしているうちにむなしくなっちゃう。

そんな感じで気がついたら無気力状態に。

一見セルフイメージが高そうなんですが
心の奥では理想に届かない自分のことを低く見てたりします。

(自分当てはまるかもと思ったらこちらの記事も参考になるかもです)

燃え尽き型

これはイメージしやすいかもですね。

なにかに一所懸命取り組んでいたけども、
それがなくなったり終わったりしてしまい、
ふっと心に穴が空いたように気力が湧かなくなってしまう。

こうしたいわゆるバーンアウト・燃え尽き症候群については
以下の記事でよりくわしく書いておりますが

カンタンに言ってしまえば一所懸命打ち込んでいる自分が、
それをしていない自分を置き去りにしてきてしまったような感じです。

私にも経験がありますがうつ等にもつながりやすく
けっこう危険な状態でもあります。

両方に共通するのは

どちらのタイプであっても心の仕組みからとらえれば状態としては同じ。

「理想としている自分」と「今現在の現実の自分」という
心の中の部分が分断してしまっていることです。

「本当はもっとすごいはずなのに」って思う自分であっても、
なにかに打ち込んでいて充実していた自分であっても、
その自分から見たらいまいちうまくいっていない
「今現在の現実の自分」が受け入れられないという状態です。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事