メンタルを強くするには?まず知っておいてほしいことと3つの方法

こんにちは。
〈名古屋なごやかカウンセリング
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

「失敗したり怒られたりすると何日も立ち直れない…」

「直球で意見されると固まってしまう…」

「怖いとすぐに涙目になっちゃう…」

「周りの人を見ると同じような状況でもヘラヘラしたりして
重く受け止めてなさそう。自分もあんなふうになれたらいいなあ」

こんなふうに自分は正直メンタル・心が弱いほうだと思ってませんか? 

この記事では心の原理と構造をふまえて

心・メンタルが強いってなんだ?

力をつけていくには?

逆にやったらまずいことって?

そんなことをお話していきます。
あなたの“心の強さ”に関する悩みが和らげば幸いです。 

あなたにとってメンタルが強いとは?

あなたは

“心が強い人”とか

“メンタルが強い人”

って聞いてどんな人を思い浮かべますか?

つらいトレーニングに耐えて凄まじいプレッシャーを
乗り越えるアスリートでしょうか?

それとも身近にいるような、きつい怒られ方をしたりしても
意にも介さないでさらっと受け流していそうな人でしょうか?

「強い」っていう言葉だけでイメージすると、
どっちかというと「耐えられる」とか「動じない」って
感じがしますよね。

上の例で行くとどっちかというと前者の感じですかね?

後者のほうは「しなやか」とでも言うのかな?

こちらもまあ弱くはなさそうです。

正直どっちがいいとかっては特にないですね。
一長一短がありますから。

とはいっても、自分はどうしていったらいいのかは気になりますよね。

結論から先に言ってしまうと

心を強い弱いでとらえることをまずはやめることです。

心が強いかどうかって、所詮他人が外から見た
観察結果を表現してるだけで全然本質的ではないです。

だから“強い”っていう言葉にとらわれず、
まずは自分がどんな状況のときどんな状態でいたいかを
はっきりさせてそれを目的にすることが大事。

たとえば

・怒られても数時間程度で普段の動き方に戻れる

・ストレートにものを言われても落ち着いて自分の意見を吟味して返せるようになる

こんな感じで具体的にどうなれるかを考えてみましょう。

ただ“強い“ではぼやっとしていて結局よく分からないままでいつづけてしまうか、
おかしな方向に行ってしまいます。

じゃ、より現実の世界で得するようなメンタル・心の状態、
外から「強い」って見られるのってどんな状態なんでしょうか?

メンタル・心の強さの本当の意味

「あの人ってメンタル強いよね」

そんなふうに言われるような人のメンタルって、
どんな状態でどんな能力を持ってるのでしょうか?

心の原理と構造の視点からお答えします。

それは

「今を受け入れ続けられること」です。

いきなり言われても意味が分からんですよね(;^ω^)

ちょっとくわしく説明します。
(方法だけ知りたい方はとりあえず飛ばしてもOKです。)

人間の心って、次から次へとどんどん更新される『今』この瞬間に、
見たり聞いたり感じたことを、まずは見境いなく取り入れては
心をつくるデータにして積み重ねてきた『過去』の
データのつながりやすいところにつなげていきます。

ところが、心に問題がある人は『過去』のデータで作られた
心の領域が『普段の自分』と分かれてしまっています

とりあえず『今』のデータを取り入れてつなげてはみたものの、
それが『普段の自分』ではなく『分かれてしまった部分』のほうに
つながってしまうと、
『普段の自分』の冷静さとかは発揮されることはなく
限られた『分かれてしまった部分』のデータしか使えなくなってしまいます。

ちなみに、『分かれてしまった部分』は自分にはいらないとして
『普段の自分』から追い出した部分です。

(もちろん、分かってそうしたというよりも、
これまで人生を送るうちに知らず知らずのうちに
そうしてしまったというのがほとんどです。)

例をあげるなら、
「能力のない自分は価値がない」と思い込んで
「能力がない自分」を追い出していると

『今』怒られているという事実が目の前で起こっているとき、
瞬間的に『過去』追い出した「能力がない自分」とつながって
『今』から離れていってしまうのですね。

もしも、「能力がなくてもだいじょうぶ」と思っていて、
『普段の自分』の中に「能力がない自分」も受け入れられているならば、
『今』目の前で起こっている「怒られているという情報」は
『普段の自分』につながって受け止められるわけですね。

まとめるなら、自分の中に拒絶している部分が
少なければ少ないほど『今を受け入れ続けられる』力が強いというわけです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事