人に甘えられない、頼れない性格で損していると思うあなたへ。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

「人に甘えるのってなんか苦手…」

「人に頼って嫌がられたらどうしよう…」

人に甘えたり頼ったりしたいと思ってもなぜかできない。

そういうのってすごく損してる気がしませんか?

人に甘えるのが上手な人って、正直うらやましいと思いますよね。

自分一人でできることには限りがあることは分かっちゃいるんだけど、
なんか迷惑をかけてしまいそうとか、もしも受け止めてもらえなかったら
怖いとか思ってしまったり…

結局、自分のプライドが高いだけなのかと思って
自分にがっかりするやらあきれるやら。

でも、せっかくだったら少しは今より人に甘えられるようになれれば、
それにこしたことはないですよね。

今回の記事では

  • 「甘えられない」の裏にあるもの
  • スモールステップで甘えられるようになる練習法
  • 甘えられることをとらえ直す視点

についてお話いたします。あなたのお役にたてば幸いです。

甘えなくてもそこそこできてしまう…

やはり人に甘えるのが苦手な人に多い傾向は、
わりと器用でたいていのことはそこそこにできてしまうような
少なくとも平均以上には能力の高い方が多いですね。

ところが、ある一方では自分のことを能力はまあまあ高いと自己評価しながらも、
このくらいではまだまだ一流には程遠いとかって、
プライドの高さと自分への厳しさが相半ばする複雑さを抱えているっていう
パターンもかなりのあるあるです。

これ、
どっちが正しい自分だとか、どっちが本物の自分だとかはぶっちゃけ特にないです。

強いて言うならその対立や、一見すると矛盾のようなものを
抱えていたってそれを全部ひっくるめて今の自分ですから。

裏を返せば、どっちかに決める必要もないってことです。

ただですね、漠然と「自分は優秀なほう」とか、
「自分は全然まだまだ」って思っているよりは

「自分は○○と□□と△△はこれだけできるのだけど、
●●と■■と▲▲はできない。」と
中身は客観的かつ人と比較しない内容ではっきりさせたほうがいいですよ。

漠然となんとなくの状態だと手の打ちようもよく分からず
ずっともやもやし続けるだけになっちゃいますから。

もっと極端に言うと甘えなくていいことと、
甘えたら楽なことをはっきりさせておこうよってことです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事