片付けできない、やる気が出ずに進まない人のためのシンプルな方法。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

気がつくとものが増えている…

いつも部屋が散らかっている…

片付けてスッキリさせたい気持ちもあるしやらなくちゃとも思うんだけど、
なかなかやる気が出ずに取り掛かりはじめることができない。

そして、片付けができない自分が情けなくて、自分を責めて落ち込んでしまう…

片付けって得意な人にはなんてことないのかもしれないけれど、
苦手な人からするとほんとにきつい作業ですよね。

いろんな片付け本を読んだりしてもなかなかうまくいかない、
というご相談もよくうかがいます。

実は片付けが苦手という人の大半は

(苦手な)物事を客観的に見すぎるというクセがあります。

つまり、ポイントとしては

片付けをしようと思って予定を立てたら、
片付けをしている自分を主観的(内的観点)でイメージして感じることなのです。

今回はそのポイントの解説に加え、

  • シンプルな整理整頓の超基本
  • 片付けられない自分を責めてしまうことへのフォロー

という視点からちょっとした片づけを進めるヒントをお話していきます。

片付けたくない自分と片付けをしている自分

片付けってこまめにやれば楽なのはわかってるんだけど
ついつい面倒くさかったり、大変そうな気がして後回しにしてるうちに、
散らかりまくってさらにハードルが上がる…

そんな悪循環に陥る事ってよくあります。

片付けが苦手と一言で言っても、その中身は意外と人によって様々です。

しかし、実はそういった苦手感を持っている方の多くは、
片付けをしようと思うと同時に、

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…、
あそこをやるのが大変だ…、こんなにたくさんやることがある…

と、頭の中がいっぱいになってしまい、
結果的に「何から手をつけたらいいか分からない…」という
混乱状態になってしまうんですね。

これ、ある意味では客観的にものごとを見ている状態。

苦労して大変そうな自分を外から観察しているような、
他人事のような感じでみていたり、

作業ばかりが頭に浮かんで、自分の姿は不在なような感じ。

普通、客観的にものごとを見られることって、
ポジティブな意味合いであることが多いですが、
この場合はちょっと不利。

もしかすると、片付けのつらい感覚を感じたくない
という無意識の意図があるかもしれません。

片付けに限らず、本来は客観と主観はバランスよく
行ったり来たりできることが健全なのですね。

そこでまずは、片付けをしようと思い立ったら、

机の上だけとか、引き出しひとつだけとかの
ごくごく小さな範囲でいいので、

片付けをし始めて10秒くらいやり続けている自分をイメージして、
そのイメージの自分の中に入って同化して、
動いている感覚をありありと感じるということを何回かやってみましょう。

なにはともあれ、片付けに限らずなにかをやろうとするときに大事なのは
できる範囲でどんな小さなことでもいいからやり始めること。

すべり出しさえうまくいけば、あとはスムーズに進みやすくなります。

あとは、最初にやるべきことなどのスキル的なことを
ここからカンタンにお伝えしていきますので、
それをヒントにイメージを作っていってみてください。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事