営業の仕事がつらい、向いていない気がする。そのつらさの正体は?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

得意な人にはこんなに楽しい仕事はないのと、
対称的に苦手な人にはこんなにつらい仕事はないとも言える
営業やセールスのお仕事。

 

私も新規開拓(飛び込み)、既存顧客ともに経験があります。

そして、そのつらさが元で休職にいたりました。
(休職の原因はそれだけでは無いですが)

一口に営業・セールスと言ってもそのつらさには
いくつか種類がありそうです。
今回はそのつらさの代表的なものをピックアップ、
心理的な側面から分析してみたり
対処法を考えてみたりしていきます。

少々長文ですので自分に関連のありそうなところに
もくじから飛んで読んでいただければOKです。

営業はパワハラ・精神論にまず注意

まず、本題に入る前にですが、
営業職はパワハラや精神論が横行しやすい
職種でもあります。

営業課長とかの営業管理職になる人は
かつて自分自身が営業で実績を上げた方が
なることが多いです。

そういった方は営業としてモノやサービスを
売ることに長けていることは
まず間違いないのですが、
リーダーとして部下の能力を見極めて
伸ばしたり、モチベーションを高めたり
ということに長けているとは限りません。

管理職になってからちゃんと勉強する方なら
まだいいのですが、自分の経験からしか
指示やアドバイスなどをできない方もいたりします。

自分がうまくいった経験を同じように
やらせたところで、数年違えば業界の環境も
ぜんぜん違いますし、部下ひとりひとりに
合う合わないも当然あります。

そこで部下をうまく成長させることができず
結果がでないとフラストレーションがたまり
パワハラにいたるというのはよくある
パターンです。

もちろん、それを自身の課題と受け止められず
部下に八つ当たりまがいのパワハラをしてしまう方
というのは精神的に未熟極まりないです。

もしも、運悪くそういう上司に当たってしまった
気がするのなら次のことをチェックしてみてください。

1つは人格攻撃・否定をしてくるかどうか。
仕事の内容ではなくあなた個人の性格や
特徴などについて指摘や追求を
してくるのであれば、それは明らかに問題です。

2つ目はたとえそれなりに正しいことだとしても
大声で恫喝したりすることが度々あり、
それに対するフォローもないこと。
仕事に情熱がある方が感情を込めて叱る
という事自体は決して悪いことばかり
ではないと思います。

しかし、なぜそういう言い方をしたのかなどを
その後丁寧に説明したり、叱ったことを部下が
改善したときに適切に評価したりという
フォローがないならばそれもただ恐怖を
与えているだけです。

3つ目は明らかに地位を利用して
理不尽な指示、要求、処遇をしてくること。
ここまでくると誰の目にも明らかな
パワハラ案件なのですが、
社内にいるとそれが当たり前に感じてしまうのが
怖いところです。

もしもそういったことでつらいと思ったなら
すぐに社外の第三者(できれば複数)に
相談することをおすすめします。

ざっくりとはこのくらいですが、
パワハラに関しては検索などすれば
より詳しくでてきますので、
もしも疑いがある場合は調べてみることを
おすすめします。

以上は営業そのものがつらいのとは、
また別の問題ではありますので
この先のお話の前にチェックしてみて
くださいませ。

では本題です。
営業のつらさって
いろいろあるかとは思いますが、
自分の思いつくところで
大きく4つをあげてみました。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事