自分を責めるのはやめたいですよね。心理的な原理と抜け出す方法は?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

なにか人に迷惑をかけてしまったり、期待を裏切ってしまったり。

自分の理想どおりにものごとが運ばなかったりしたときに、
つい自分を責めてしまいどんどん自分を追いこんで辛くなっていってしまう。

とはいえ他責=他人や環境のせいにするのもなにか違う気がする。

そんなふうに自責―自分のせいにして自分を責めることが度を越してしまうと、
とても辛いですし
うつなどの原因にもなります。

そんな自責思考を改善するポイントは

自分に向かって

「あなたはよくやってるよ。」

「あなたは悪くないよ。」

といったねぎらいの声がけをたくさんたくさんシャワーのように浴びせてあげることです。

今回の記事ではその声がけをより効果的にする方法や
自分を責めてしまう原因、他責との比較についてお話していきます。

自分を責めてしまうのはなぜ?

『自分を責める。』

その言葉だけを聞いて良いイメージが浮かぶ人は少ないはず。

なんか自分を追い込んでいじめているような感じでしょうか?

あえて良いイメージを探すなら“ストイック”というのが近いかもしれませんが、
よーく考えてみるとやっぱりちょっと違います。

(ストイックは求道的という意味なので、脇目も振らずそのことだけに
ひたすら打ち込むというのが正しいですね。)

でも、大していいことがないのは頭では分かっているのに、
ついついやってしまうのが悩みどころなんですよね。

自責に限らずですが、
『ついついやってしまうこと』っていうのは良し悪しに関わらず
心を安定させるためにしています。

なんか心を安定させるために心を傷つけているって、
変な感じが
するかもしれません。

だけど、心は物理モデルで表わせられますので
不安定から安定に向かうのは自然の摂理なんです。

ついつい自分を責めてしまう場面をちょっと思い出してみてください。

もしそこで自分を責めるのを無理矢理ガマンしたらどんな感じしますか?

“そわそわ”とか“もやもや”の強烈な感じというか、
いてもたってもいられないような感じというか、
ものすごい落ち着かない感覚ありますよね。

そこで自分を責めると落ち込むけども心は安定するわけです。

(ここではただ単純に物理的な安定という意味なので
安定=良いではないのでご注意を。)

そして、なんでそんな方法で心を安定させるのかというと
ほとんどの場合その方法がやり慣れていてパターンになっているからです。

例えばよくある事例だと、子どものころから親の期待することを達成すると、
褒めてもらえたりする一方で、
それができないと責められるという経験をし続けてきていて、

親が責める→それに従ってがんばる→なんとかほめてもらえる

というサイクルが出来上がります。

そうすると大人になっても心の中にコピーされた親の声が
(実感しているのはたいてい自分の声ですが)自分を
責め続けるのです。

もしも期待に応えられないとすると、
ほめられない=自分の存在意義が分からないという恐怖・不安となるので、
それがとてつもなくイヤな感覚として現れるのです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事