心の問題・心の不調とは?その本質を構造と原理から解説します。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

こちらの記事を開いたあなたはもしかするとご自身の心の調子を、
くずしておられるかもしれません。

または、身近な方の状態がよくないのかもしれません。

どちらであってもつらいことにはかわりないですし、
なんとか解決できる糸口を見つけたいですよね。

そのためには、現在の心の状態を正しく知ることが大切です。

今回は心の健康をくずしてしまい、調子が悪くなるとは
どんなことなのでしょう?

・・・

最初にお伝えしてしまうと

「心の仕組みって意外とシンプルなのです。」

でもでも。

世の中ではいまだに

「でもぉ~人間の心なんて複雑過ぎて、
結局はよく分からないんでしょ~」と

TVショッピングのように疑いの声をあげられることがほとんどです。

ならば私もこう返しましょう

いえいえ、なんと心の不調に関して言えば、
一つの原因だけで説明できてしまうのです

そしてさらに、あらわれ方は二つだけです

(ここで「えええええーーー!」と言う効果音が
欲しいところですね(笑))

今回の記事では

「物理学的モデルで心を見える化する」

統一場心理学の視点でくわしく解説していきます。

心の不調の原因はたった1つ

まず前提として、心というものは今までに見たり聞いたり感じた、
情報が繋がってできたカタマリです

そしてその情報が単なる記録されたデータとしてだけでなく、
自分を動かすプログラムとしての働きもします

(その情報の大半は人間の情報です。)

生まれてから何年も何十年も過ごしていれば、
その情報の量はものすごい量になります

そういう意味では複雑という見方もできます。

(であるがゆえに今までの心理学では、○○すると△△となるから
おそらく□□なんだろうという経験則でしか心を語ることができませんでした。)

ひとりひとりとして考えれば、それぞれ経験してきたことも違うので、
全く同じ心は存在しないと言って差し支えないでしょう。

とはいえ、同じ人間です。

どんな人間であろうが心臓は大きさや形に微妙な個人差はあっても、
役割とか仕組みって一緒ですよね。

同じく心にも共通する仕組みや動き方があります。

心の構造や仕組みを余すことなくあらわすのには
いくつかの視点が必要ですが、今回は心の不調という
テーマに大きく関わるところをお伝えいたします!

では、心の健康・メンタルヘルスの不調とは一体何なのでしょうか?

この原因は一つしかありません。

 

それは「心の分断」です。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事