燃え尽きてしまい情緒不安定、無気力状態に。予防や回復に必要なことは?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

なにかに一所懸命取り組んでいたのだけど、
それが終わってしまったりそれから離れた後、

「どうもやる気が出ない…」

 

「朝起きられない…」

「お酒が増えた…」

ひどいときには仕事をやめてしまったり、人と変わるのを避けてしまったり。

もうちょっと具体的な例を出すと、
学生の間、研究やサークル活動などにひたすら打ち込んでいた。

その間表彰されたり

輩から慕われて感謝されたり

なによりもその研究や活動に大きなやりがいを感じていた。

それこそ死ぬ気で努力もしたしとにかく熱中していた。

あるいはそれが資格の勉強だったり、
スポーツだったりするかもしれません。

その熱中していた時期が終わってしまった後

「目標が達成できなかった…」

場合によっては、目標が達成できたにも関わらず、
やりきった感があるにも関わらず、無気力な状態になってしまった…

やる気に満ちて毎日が充実していた時を経験しているだけに
余計に歯がゆいし、つらいですよね。

せっかくがんばっていた人がそんな状態になってしまうのは
本当に悲しくて残念なことです。

今回の記事では心の燃え尽きの代表的パターンと、
予防と回復のための3つのポイント-『選択肢を増やすこと』
『心の底から欲しいことを見つけること。』『自分に優しさを向けること』
お話していきます。

私もかつて燃え尽きになりました

プロフィールにも書きましたが、私は若い頃にプロのミュージシャンを目指して、
日本で専門学校に通いその後留学したりしました。

留学していたときには朝6時半に起床して、
朝の食事と支度をした後、すぐに練習を始め、9時から学校に行き
授業やワークショップが終わった後、寝るまでの間また練習するという
生活を毎日していました。

ほとんど音楽のことしか考えず日々を過ごしていました。

ところが、日本に帰ってきてバイトを始めたりすると、
どうにも音楽をする気力がわかないのです。

まだまだ先の目標はあるのに、あまりにもつらいので
精神科のクリニックに行くと抗うつ薬を処方されました。

正直なところ、薬を飲んでも多少気持ちが
フラットになるだけで何も解決しませんでした。

そこで、カウンセリングに行きました。

今、自分が提供する立場になって思い返すと申し訳ないけど
正直良いセッションではなかったです。。

だから、薬と同じく何も解決しませんでした。

結局、帰ってきて2つめに始めたバイトが楽しくて、
やりがいのある仕事や立場を任せてもらえたことで、
なんとか社会復帰できた感じです。

高校を卒業し、音楽の勉強を始めてから留学から帰ってくるまで

「自分は音楽で一流のプロになる以外道はない」

ずっとそんな気持ちで生きていました。

心のことを学んだ今の自分から見ると、
その気持ちこそが自分を燃え尽きさせた原因だとはっきり分かります。

では、その心の燃え尽きはどんなメカニズムで起こったのでしょうか?

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事