カウンセリングの効果とは?病気ではない人にも意味や必要性はあるの?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

カウンセリングって、受けたことがない方からすると
本当に効果があるかどうか疑問に思われるのは当然だと思います。

極端なことを言えば、専門家と呼ばれる人にお金を払って相談するのと、
占い師や飲み屋のマスターとかママに話を聴いてもらうのと、
なにか違うのかと思われる方もいらっしゃると思います。

もしもあなたが心の不調で苦しんでおられて、
カウンセリングを受けるかどうか迷っているようなら、
ひとつの参考になれば幸いです。

お医者さんではだめなの?

カウンセリングには健康保険がききません。

ですので普通精神的に不調になって精神科や心療内科など
お医者さんに行くというのは選択肢の中でも優先的になりやすいと思います。

そしてお医者さんに行くと、それぞれの先生の方針にもよりますが、
大体の場合抗うつ剤などのお薬を処方されることが大半です。

私自身、若い頃にうつになった時には総合病院の精神科に行ったこともありますし、
個人開業のクリニックに行ったこともあります。

何人かの先生にお世話になりましたが、精神科や心療内科の先生が
寄り添ってしっかりと話を聞いてくれるということはほぼありませんでした。

私の知り合いの精神科の経験者に話を聞いてもほぼ同じような感じです。

もちろんそれは決して、間違っているわけではありません。

お医者さんは適切な処方を見極めるという、
お医者さんのお仕事を全うされているだけです。

とはいえ、私の経験から言うと抗うつ剤などの薬を飲んでも、
ちょっと頭がぼーっとしたり感情の上下が小さくなったりするだけで、

多少楽にはなるものの根本的な物事の捉え方や考え方、
辛い記憶への 感情的な問題は解決しませんでした。

身動きの取れないほど症状が重かったりする場合などには
必要な場合も多々ありますから、そういうときには活用すべきだと思います。

しかし、考え方や捉え方が変わったり情の問題が解決しなければ
一生薬を飲まないといけなくなってしまいます。

もしも薬を飲んで、多少楽になり、ある程度行動がとれるような状態になれば
そのタイミングでカウンセリングを受けるのも良いと思います。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事