自分探しの旅って意味ある?批判も多いけどいい方法もあったりするの?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

今回のテーマは自分探しの旅。

最近はこの言葉を聞くことも少なくなったように思います。
流行ったのは2000年代はじめくらいでしたかね。

若者は人生に迷い自分に迷いバックパック一つで放浪の旅に出る。

そしてなぜか行先はインド(笑)
世界一周というのも定番ですかね。

私も沢木耕太郎先生の『深夜特急』を読んでバックパッカーにあこがれたものです。

そんな若気の至り期も過ぎ、自分探しなんて言葉が流行りはじめた頃

一人で旅行に行こうとすると「おっ、自分探し?」とか
いちいち言われて(#^ω^)ピキピキっときていたものです(笑)

とはいえ、この先行きがはっきりしない不安の多い時代に

自分のやりたいことは何かとか

自分のアイデンティティを確立したいとか

そんな思いを持つことは自然なことだと思います。

その一方で“旅”という行為がそれにふさわしいのかという意見もあります。

いくら言葉の通じない外国という過酷な環境を回るとはいえ、
それにより自身が理解できるのか、自己を確立することと何か関連があるのか。

キビしい言い方をする方は

「ただの現実逃避じゃないのか?」

「旅行や遊びと変わらんだろ」

なんてことをおっしゃいます。

逆に旅に出たい人からすれば

「大人が自分たちのエゴで作った枠にはめるんじゃねーよ!」

「自分たちに自由がないからって若者のチャレンジにケチつけんな!」

っていう気持ちもわいてくるでしょう。

「意味はない」「意味がある」どちらの意見もそれなりに正しそうなので
迷ってしまいますよね。

結論から言うと『旅すること』はめちゃめちゃいい経験になることは間違いないです。
特に一人旅。

その代わり、あなたが探している『自分』が見つかることは、
あまり期待しないほうがいいです。

『旅すること』は“自分を探す”ためでなく、”自分をつくる”ためにするものだから。

旅することそのものが悪いわけではない

一人で旅をすること。

特に言葉の通じない土地に行ったり、金銭や持ち物に制限があったり
という条件でそれを行うことはなにものにも代えがたい経験を得ることができるでしょう。

時間に余裕があり、固定観念も少ない若いうちにそんな旅を経験しておくことは、
とても素晴らしいことだと思います。

もしも、行くことを迷っている若者がいれば
個人的にはぜひとも挑戦することをおすすめします。

ただし、その目的は「自分探し」ではなく「自分づくり」として。

新しい出会いや新しい経験から

新しい視点、新しい考え方、

新しい価値観、新しい欲求…

そんなことをどんどんと“現状の自分”に取り入れて付け加えて、
より多くの選択肢を選ぶことのできる豊かさを手に入れる。

それこそが“旅”の醍醐味ではないでしょうか。

もちろんその恵まれた普段の日常と比べて、大変な状況での日々の中で

「あれっ、自分ってこんなこともできるんだ」というような

発見がある可能性は大いにあります。

それを「自分が見つかった」ととらえることもできるかもしれません。

でもそれって、ただ自分の中の一部が見つかっただけで、
アイデンティティに関わるような画期的な発見ではなくないですか?
(とてもいいことではあるけどね)

あくまで、それは副産物だと思っておくくらいでいいのかなと。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事