日曜の夕方は憂鬱に…。サザエさん症候群の根本的な治し方とは?

こんにちは。
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
私は平日会社務めをしているのですが、
日曜の夕方になると憂鬱な気分になってしまうんです…。

ああ、なるほど…。
私も会社員時代にはいつもそうだったので
すごくよく分かります。
あれは毎週続くとじわじわとしんどさが増してくるんですよね。

そうなんです…。
でも、身近な人からは、働いている人はそんなのみんな一緒だ
なんて言われて一蹴されてしまうんです。

うーん。
多かれ少なかれそういう面はあるかもしれないですけど、
それだけ仕事のストレスがあるということですから、
甘く見ずになんとかしようとご相談に来られたのは
素晴らしい判断だと思いますよ。

そう言っていただけるとありがたいです。
人間関係も悪くないので、わりと楽に働けているだけに
なんとかしたいです・・・。

日曜の夕方になると、または月曜の朝起きてすぐに
憂鬱な気分になるということは、洋の東西問わずあるようです。

日本だとちょうど夕方の6時半にサザエさんが始まるあたりで
気分が沈む、しんどくなるという通称サザエさん症候群という
言い方が有名ですよね。 

 

異常に残業が多かったり、パワハラが横行しているようなブラックな職場で
働いているのだったら、当然その環境から抜け出すことが最優先なんですが、

今回ご相談いただいた方のように、職場は比較的ホワイトで
特別人間関係が悪いような人もいないけれども、
どうしても日曜の夕方になると次の日からの仕事のことが思い浮かんで
憂鬱になってしまうという方も多くいらっしゃるようです。

そして、まさに私もかつてはそうでした。

 

もちろん、休みを効果的にとることも大事ですし、
表面的に辛さを和らげるような応急処置的な方法もいくつもあるかと思います。

ネットで検索すれば当サイト以外にもたくさんの情報が出てくると思います。

まずはそういったものから試してみて少しでも余裕を作ることが大事かと思います。

 

そして、今回はその上で日曜の夕方のストレスを増大させる、
心の底に根付く思い込みをゆるめていくことについてお話をしていきます。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

私もかつてサザエさん症候群でした

日曜の夜にサザエさんが始まると、
明日からの仕事のことを考えてしまってとびきりどんよりした気持ちに…

朝起きた瞬間も、全然気力もわかないし気分も沈んでしまう。

私も会社を心の不調で休職する直前はこの状態が何カ月も続いていました。

ここからまた五日間も耐えなきゃいけないのかとドーンと気持ちが
どん底に落ち込むしんどさはすごくよく分かります。

車で通勤していましたが、会社が近づいてくるにつれ、
気分が落ちるだけでなく、吐き気までもよおしてきて、
会社についたらすぐにトイレに駆け込んでもどしたりしてました…

 

正直言って会社に怖い上司や特別嫌いで苦手な人がいたわけでもなく、
むしろ、みんな優しくていい人たちばかりの職場だったにも関わらず
こんな状態だったんです。

ただただ自分の仕事上の理想とのギャップに対するプレッシャーで
自分を追い込んでいたんですね。

具体的に言うと

「自分のこの歳やこの立場ならこれくらいできなきゃ。」

「これだけの期間に仕事を仕上げて結果を出さないと。」

「同期でしかも若手の○○さんはこんなに出来てるのに自分は全然ダメだ。」

こういった思いのことです。

 

こうした「こうあるべき」「こうでなければ」という理想、

というよりも一つの思い込み、強迫観念がしんどい状況をつくり、
それが続いてしまったせせいで心の調子を崩して休職へまっしぐらだったのですね。

 

どうでしょうか?

あなたにも仕事や職場の人間関係において、
こういった思い込みを持っていないですか?

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事