自分がクズすぎて最悪、つらい、死にたい。立ち直ることはできる?〈音声あり〉

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

(この記事は↓のプレーヤーから音声でお聴きいただくこともできます。)

「自分って本当にクズだな…」

そんなふうに自分を責めてしまうことってありませんか?

理由はきっと人それぞれ様々にあって

努力ができない、がんばれない…、
だらしがない…、すぐに逃げてしまう…
仕事や学校でミスばかり…、つい人のせいにしてしまう…、
人に失礼なことをしていた…

こういうのをあげだしたら永遠に続きそうな感じです。
下手するともっときついのもあるでしょうね。

この「自分クズ!モード」に入ってしまうと最終的には
「もう死んだほうがいいわ…」ってなりがちですが、

ここでまた「自分は死ぬ度胸も勇気もない…」って

重ね責めをするという妙な王道パターンにはまって、
よりきつくなってしまうのもありがちだったりします。

なんでそんなことが分かるかというと私も昔よくやってたからです(^_^;)

はっきりいってつらいんですが
ついついやってしまう。やらずにはいられない。
この無限に続いていきそうな感じが暗ーい気持ちにさせるんですよね。

この記事をお読みいただいて、イヤなループを断ち切ることで
気持ちを軽くしてもらえれば幸いです。

自分をクズだと思うときのカン違い

月並みな言い方で大変恐縮なのですが

「自分はクズっ!」って思う人は自分にきびしいです!

「そんなの当たり前だし分かってるよ」と思われますよね。

でも、大事なところなのでもう少しつっこんでいきます。

あなたは今、『自分そのもの』『自分すべて』について、
きびしく
「クズ」と思っているのではないでしょうか?

実はそれ、大きなカン違いです。

別に気休めで言っているわけじゃありません。

心の構造から考えれば論理的にそうなんです。

まず、大前提として、
人間の心って大きなカタマリの一枚岩ではないのです。

『心』ってものすごくたくさんのデータでできていて、
その全てを同時に動かすことはできません。

いつもよく使っている部分

使おうと思えばわりと使えるけども普段はあまり使ってない部分

完全に「イヤ」と思って抑え込んだり遠ざけたりしている部分
などがあるんですね。

この記事ではこれ以上くわしいことは割愛しますが、
自分の心の中にはいろんな性格や性質の自分がいると思ってもらえればOKです。
ある意味人間はみんな多重人格なんです。

クズな自分だけが全てじゃない

この大前提をもとにあらためて自分をクズだと
思うことについて考え直してみます。

「自分はクズだ。」そんなふうに自分を責めているとするなら

だらしがないとか、ミスばっかりとか、
人付き合いが下手といった自分の一部分
(あくまでも一部分ですよ!)
それ自体はたしかにあるかもしれません。

しかし、それと同時に
その一部分にきびしくしている部分も存在しています。

さらに言うなら

「こんなことをしていてはダメ」

「こんな状態は悪」

みたいな思い込みのあることをやってしまった
「自分の一部」に対して上から目線で「クズ」と
責めている部分は

裏を返せば、
「ま、私or俺はできて当たり前なんだけどね。」
なんて思っていたりするのです。

まずはこの

・きびしく当たる自分

・ダメな自分
(ダメと決めつけられている自分)

それぞれが自分の中に存在することを
ただ理解するだけでも少し印象が変わってきませんか?

けっして自分の存在すべてがダメなわけじゃないんだって

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事