素直になりたい。物事に何でも否定的になってしまうのをやめたい。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

こんなふうに悩むことはありませんか?

だれかと会話をしていて「○○らしいよ」とか
「△△なんだよ」とかって言われると反射的に

「いや、でも…」という言葉が頭をよぎる。

口には出さないように気をつけてはいるけれど、
ときどき思わず出てしまう。

こんな時には会話している相手と微妙な空気になってしまって
いたたまれなくなってしまう。

あるいは、人からアドバイスなどを受けても
どれも疑問に感じてしまい受けいれることができないし、

友だちがうまくいっても単純に喜ぶことができない。

有名な人の名言・格言の類や、
親や先生、上司から叱られることも全然響かない。

知識を得れば得るほどさらに素直じゃなくなって行く気がする…

好きなものや人もいつもどこかで否定していて、
なんかこんな生き方ってつまらないなぁと思うんだけど

どうしたらいいかが分からない…(´・ω・`)

・・・

世の中では「素直であれ」って言われることってけっこう多くないですか?

人が成長するには「素直さ」が大事ともさかんに言われます。

その一方で、『素直でいること』って『疑っている自分』を否定して、
自分の思いや感情を殺すことのような、
自分自身に正直でないような感じがして気持ち悪いという側面もありますよね。

それに、なんでも相手の言うことを

「はいはい、その通りですね」って聴いていたら

詐欺にでもひっかかってしまいそうで逆に心配な感じもすると思います。

先に言ってしまうと、『素直であること』と『疑うこと』は
両立できることです。

今回はそれに加えて、『素直』と『疑う』の間にあるストレスについても
お話をしてきます。最後までお付き合いいただければ幸いです。

多くの人がカン違いしていること

実は多くの人がカン違いしていることがあります。

それは「素直であること」と「疑うこと」は
両立しない対極のものだと思っていることです。

だから、前節に書いたようなお悩みが絶えないわけですね。

結論からいうと全然そんなことはありません!

この2つは矢印を向ける対象を間違えなければ、
同じ矢印の上の端と端にあるものでなく、

それぞれ別の矢印として扱うことができます。

要は両立させることができるんです。

ではそのためにできることをひとつずつご説明していきましょう。

1、相手の意見・話の内容と人格を区別する

そもそも相手の意見や話の内容と相手の人格そのものはまったく別です。

たとえば、相手が話す「○○らしいよ」という意見に対して

「いや、でもその話って…」

って思うことと、

「お前頭おかしいのか…」

って思うことはまったく別のことです。

前者はその意見そのものに疑問を抱いていますが、

後者はその人そのものに疑問、というか否定をしています。

まずは自分が疑問を抱いたときに、

「その話や意見の内容に疑問があるのか?」

「相手の存在を否定・拒絶したいのか?」

どちらなのかを考えてみましょう。

2、伝えるかどうかは注意

ほとんどの場合、悩みが出てくるのは、
相手そのものが嫌いなわけではないけれど、
話や意見に疑問を抱いてしまうパターンだと思います。

これって別に相手の人格そのものを否定的に考えているわけではないので、
特に自分を責める必要もなくいたって健全ということがお分かりいただけると思います。

ただし、ここからは注意ですが

人格と意見は別だからといって、相手にストレートに
自分の抱いた疑問を伝えてしまうと、
たいていの人は自分の人格と意見は別ということを意識していないですし

たとえ分かっていても瞬間的感情的に自分の人格そのものを
否定された感覚に襲われます。

これをやってしまうと最悪、人間関係を壊してしまうので注意しましょう。

3、なぜストレスになるのかを考える

もちろん理想を言えば、お互いに違う意見を持っていて、
それを遠慮なく伝えても揺らぐことのない関係性を作れることですが

そこまでの関係をどこのだれとでも作れるようになるのは
そう簡単ではありません。

現実的に考えれば自身の主張を抑えたほうがいい場面は当然あります。

(もちろん主張いたほうがいい場面もあります。)

とはいえ、言いたいことが言えないってやっぱりストレス…

と思うことが強くあるのなら

「そんなのストレスなの当たり前じゃん!」で済ませずに、
ちょっと考えてみましょう。

言いたいことが言えないことで傷つくのはどんな自分?

具体的にはどのようにイヤな気分を味わうんでしょう?

 

「自分が下になったようで負けた気がする」のが
どうにも許せないのかもしれませんし

小さいときに親から
「カンタンになんでも信用するな」とかって言われ続けてきて、
強い思いこみが出来上がっているのかもしれません。

とはいえ、どんな理由でストレスなのかを
はっきりさせるだけでもけっこう楽になりますよ。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事