椅子に座り続ける男の話

ん?なんか僕に用ですか?

 

ああ。

なんか僕のことが気になったと。

なんで毎日毎日ここで椅子に

座り続けているんだろう

ってとこですか?

 

あなたも変わったことに

興味を持つ方ですねえ…

 

…まあいいや。

 

そろそろこの生活にも

変化がほしいと思っていたところです。

よかったらお話にお付き合いしますよ。

 

…ええ、はいはい。

それが最初の質問ですか。

 

何年この椅子に座ってるか?

ですね。

 

うん、かれこれもうすぐ30年くらいに

なるのかなあ。

 

へえー、あなた他にもこんなふうに

椅子に座り続けてる人を知ってるんですか。

 

なになに?

もっと長いこと座ってる人もいるし

下手すると座ったまま一生を終える人もいる?

 

ふーん…

そうなんですね…。

 

え?

ずっと同じほうを向いて

同じ景色を眺め続けて

飽きないかって?

 

まあそりゃそれなりに

飽きてはきますよ。

 

けど裏を返せば

見慣れてるとも言えますし。

正直、今つっこまれるまで

気にもしてなかったですね。

 

たしかに

今まで何回か振り向こうとしたり

立ち上がろうとしたり

してみようと思ったことは

ありますよ。

 

でもね、

よく見てください。

この椅子

けっこうしっかり

僕の身体を拘束してるんですよ。

 

ほら、胴体にも足にも

ベルトみたいなのが

巻き付いてるでしょ。

 

だから

思うように動けなくて。

 

ずっと同じ姿勢でいるから

ちょくちょく身体も

痛くなったり

するんですけどね。

 

…だけどまあ

ずっとそれが当たり前でしたから。

 

 

 

えっ?

この椅子そのものを

よく見たことがあるかって?

 

うーん…

言われてみれば

座り続けたこの二十ウン年

ちゃんと見たことがないなあ。

 

 

…そうだね。

一度しっかり見てみても

いいかもしれない。

 

じゃ、とりあえず手すりから…

 

ふむふむ。

こんな色してたのか。

意外と深みのある色だなあ。

それにけっこう細かい傷も

たくさんある。

 

 

脚は…

身体が固定されてるから

ちょっと見にくいけど…

 

ああ、こういう形してたんだね。

想像してたより

個性的な形してるわ。

 

おっ、こっち側の脚には

けっこう大きい傷が入ってるな…

かなり強くぶつけたりでも

したんだろうか?

 

ははは、

あらためて見てみると

おもしろいものですね。

 

はい?

さらにもっとよく見てみろって?

 

 

……

………あれ?

 

この足のベルト

なんかボタンがついてる。

ぎりぎり手も届きそうだな…

 

………

……

 

 

外れた…。

 

 

反対側の足のベルトも

同じみたいだ…

 

もしかして

身体のベルトも…

 

…………

………

……

 

 

外れちゃいましたよ…

 

 

拘束されてるのが

普通だったから

なんか逆に落ち着かないですね。

 

へ?

次は立ってみろって?

それはさすがにちょっと…

 

 

…でも、

せっかくの機会だから

挑戦してみても…

…いい…かな?

 

ずっと同じ姿勢で座ってて

身体もがちがちになって

あちこち痛いですし

きっと筋肉も弱ってますから

もしも倒れそうになったら

助けてくださいね!

お願いしますよ!

 

 

痛っ、いたたたた。

やっぱり久々に動くから

膝も腰もけっこうくるなあ。

 

だけど、

ここまできたら

あとちょっとがんばりますよ!

 

 

…ふう。

一度立ってしまうと

案外あっけないもんですね。

 

へえ。

窮屈な姿勢だったから

よく見えなかった後ろの景色は

こんなふうになってたんですね。

 

 

…だいぶ遠くのほうだけど

なにかありますね。

 

なになに?

テーマパークですか。

それは楽しそうだ。

 

なるほど。

向こうのほうには

いろんな種類のそれが

他にもたくさんあるんですね。

 

せっかく立ち上がったんだから

いくつも楽しんでみたいなあ。

 

ちょっとわくわくしてきましたよ。

 

え?

この椅子ですか?

 

何年も座ってたから愛着もあるし、

たまには手入れしたり

磨きにきたりしますよ。

 

 

…あ、はい。

あなたはもう行かれるんですね。

なんだか良いきっかけを

いただいてしまいました。

ありがとうございます。

 

 

…最後にもう一度椅子をよく見ろって?

 

……

………

 

背もたれのところに

何か書いてありますね…

この椅子の商品名かなんかかな?

 

 

ああ……

なるほど……

 

 

「親」………か。

 

 

(原作:吉家重夫先生)

関連記事-親が近くにいて頼れないと不安。精神的に自立して親離れするには?

 

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事