怒られると人格を否定されたように感じて落ち込みすぎて立ち直れない。〈音声あり〉

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

(この記事は音声でもお聴きいただけます。)

仕事でミスをしたり、クレームがあったり

あるいは

家庭内やカップルでも相手の気持ちを損ねるようなことをしてしまったり…

人間だれしも“怒られる”ということはイヤなものです。

(怒られると興奮するのでとにかく怒られて(*´Д`)ハアハアしたい
という性癖をお持ちの方もいらっしゃるかもですが(笑))

今回の記事では、『怒られる』ことへの恐怖について考えてみつつ、
落ち込んでしまった時の心の休ませ方などをお伝えしていきます。

怒られるのはやっぱりきつい体験です

当たり前の話ではありますが、怒りにまかせて怒鳴りつけるとか。
直接的に人格を否定するとか、ましてや暴力をふるうなんて
人間としてもってのほかです。

たとえ怒る理由が正当であったとしてもです。

でも、相手に「いくらなんでもそこまで怒るなんて普通じゃないよ…」と、
頭では分かってても気持ちがついてこずに落ち込んでしまうことって
ありますよね。

そこまで激しい怒られかたじゃなかったとしても、
内容によってはやっぱり大きく凹んじゃうことだってあります。

一度凹んで落ち込んでしまうと、あまりにつらくて思い出しては
泣けてくるし、怒った人は別の日に会うと機嫌も戻っていたけれど、
それでも怒っていた時の口調や感じが忘れられず緊張してしまったり…

落ち込んでいる間って自分でも自分が情けなくなったり、
逆にやり場のない怒りが止まらなくなったり、
そんなことで頭の中が支配されてしまって仕事や勉強も手に付かないし、
なによりしんどい。

少しでも早くこの落ち込みから立ち直れればありがたいですよね。

私も接客業で責任者をやっていたときがありまして、
クレームとかで怒られるのめっちゃ苦手でした。

暴力的に怒鳴られることも茶飯事でしたね。

ひどいときは何日も引きずるんですよ…

このつらさは本当によく分かります。

実は「怒られる」ということをより注意深く考えていくと、
『自分が存在する価値』のような人間としての根源的なところに
関わっていたりします。

もしかしたら、あなたは『怒られること』に対して、
「自分の心が弱いだけだから…」とある意味では
軽く思っているのかもしれません。

でも、実際の心の奥底では、
自分の存在価値を否定されるような、人間として生きるか死ぬかの
感覚を味わっていたりするのです。

だから、怒られて凹んで落ち込むのは、決して心が弱いとか未熟とかって
簡単に片付けられるようなことじゃないんです。

「自分はなんて弱いんだ」ってさらに自分に追い打ちを
かけるようなことはしなくてもいいんですよ。

それでもやっぱり怒られたときのダメージをやわらげたり、
立ち直りをちょっと早くしたりできるに越したことはないですから、
続きもお読みいただければ幸いです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事