親離れのために不安・依存から精神的に自立するには?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

こんな葛藤はありませんか?

友だちと遊んだり旅行したり買物している最中も
次はお母さんと一緒に行きたいと思ってしまう。

サークルとかに入っても早くおうちに帰りたい
という思いがすぐにわいてきてしまう。

進学先や就職先、結婚相手など親の言うとおりにしないと
不安でしょうがない。

大事なことは親に相談しないと決められない。

“親離れ”しないとっていうのは頭のどこかでは
分かっているのだけれど、なかなかきっかけがつかめない。

いったいどうすれば?

なにから始めればいいんだろう?

・・・

今までなんでも親に決めてもらってきたとすると、
自分で決断・決定しないといけない怖さ・不安感というのは
かなりのものですよね。

だけど、“親離れ”しようという自覚が、
葛藤がありながらも出てきている時点で
十分に希望はありますよ!

こんな状況でそれなりの年になっても
全然気にしていない人もけっこうおられるようなので…

親と子の関係って心の問題のほとんどに関わっているので、
今回だけではなかなか語りつくすのはむずかしいと思いますが、
まずは基本的なことをお話していこうと思います。

結論から言えば親離れのためには「親をしっかりと理解すること」が大切です。

その仕組みや取り組み方をお話していきますので、
最後までお付き合いいただければ幸いです。

自立には3つあると言われますが

よく言われるのは親からの自立には大きくわけて3つあるというものです。

この3つってわりとお互いに関わり合っているので、
どれか1個が欠けたらうまくいかないです。

 

一つ目は物理的自立

要は自分が生きるために必要なことは全部自分でできるかということですね。

別に実家住まいでもそれができる能力があるなら、
それなりに自立度は高いんじゃないでしょうか。

 

二つ目は経済的自立

自分の生活を仕送りとかもらわずに、
自分で稼いだ額だけでまかなえてるかっていうことですね。

これも実家住まいでも生活費を毎月入れてるとか、
直接話して頭下げて貯金させてもらってるとかなら、
同じく自立度は0ではないかと。

 

そして3つ目は精神的自立

おそらくこやつが一番のネックでしょうね。

これが片付かないかぎり、上の2つに踏み出せなかったり、
踏み出せたとしても続かないとか、何とか住む場所だけ変わっても、
大事な決断とかが迫ってくると結局頼るってなことになりがちです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事