コミュニケーションの苦手感を克服しようと学ぶときの注意とは?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

最近はコミュ障なんて言葉をよく耳にしますよね。

企業が人を採用するときにも、コミュニケーション能力は
すごく重視するみたいです。

仕事だったり、恋愛だったり、
シチュエーションはいろいろあれども

特に初対面の人と関わるようなときには、
苦手意識があるとかなりの重圧ですよね。

「うわー、どうやって印象よくしてったらいいんだ!?」

って不安感が出てきませんか?

私もかつて小売業の仕事をしていたときに、
パート・アルバイトの方々や
お客様とコミュニケーションを
日々とらざるを得ない状況だったにも関わらず、

すごく苦手意識があったので、
一時期はそれ系の本をいろいろと読んだりしました。

上記のような「印象よくしないと」的な不安感を持つ人って、
けっこうマジメな人が多いので

本を読んで勉強したり、さらにがんばる人だと
セミナーに行ってみたり

その努力にはほんとに頭が下がります。

ですが!

そういった本やセミナーで教えている内容で、
一所懸命やればやるほど逆効果になりがちなことが
含まれているとしたらどうでしょうか?

それはいわゆる『ミラーリング』というテクニックです。

相手を鏡のようにマネることで、
好印象をあてることができるとされているものです。

実は最終的な結論としては『ミラーリング』は有効なのですが、
多くの人はこの技術の意味や方法を大きくカン違いしています。

今回はこの『ミラーリング』を解説しつつ、
あなたのコミュ力をしっかりと向上させるヒントが
満載の内容です。

コミュニケーションは言葉以外の要素も大きい

コミュニケーションはバーバル(言語的)と
ノンバーバル(非言語的)の2つの内容に分けられます。

バーバルはその名の通り言葉を使ったコミュニケーション。

普通コミュニケーションと言われると、
口から出る言葉のやりとりを思い浮かべる人が多いのでは?

LINEやメールとかもこれの一種ですね。

今回の主なテーマとなるのは、もう一つのノンバーバルの
コミュニケーションです。

このノンバーバル(非言語的)の要素は
実はかなり重要なんです。

メラビアンの説においても
(法則というにはちょっとあいまいな部分もあるので、
個人的には“説”という言い方をしてます。)

特に相手が何を言っているか微妙なときなどは、
相手を見た情報(しぐさや姿勢、表情等)や
言葉の内容以外の聞こえる情報(声色や大きさ等)を
優先的に判断に使うとされています。

たとえそこまで微妙な内容の話しでなくても、
相手の話し方から自信がなさそうとか、
嘘ついてそうなんて気がついたことはありますよね。

このノンバーバルなコミュニケーションは
私たちがふつう思っている以上に重要ということは、
ぜひ覚えておいてください。

最初にお話した『ミラーリング』も、
このノンバーバル的要素のテクニックです。

コミュニケーション技術を書いた本や
心理雑学系の本によくのっていたり、

コミュニケーションのセミナーでもよく教えられています。

さすがに最近は減ったような気がしないでもないですが、
ひと昔前には本当によくのってましたし、
テレビなどでも紹介されていました。

しかし、その知識がアップデートされていないと
ちょっと損するかもしれません。

ここからは、その『ミラーリング』についてお話を進めていきます。

もうコミュニケーションに苦しまなくていいんです。

メール&動画セミナーを無料でプレゼントします!

「コミュ障克服のために知っておきたい“6つのカン違い”」

コミュニケーションに苦手意識ありますか?
それ、もしかしたら、ただのちょっとした
カン違いのせいかもしれません。

コミュ障を克服するための心がまえや考え方
カンタンな練習方法などを
Eブック(PDF)と動画でお伝えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事