自分に余裕がなく他人を心から素直に助けたり応援できない。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

身近な友達や同僚。
自分にとって大切な相手なのは分かってる。

 

本当は頑張ってねって素直にいってあげたり、
できれば何か力になってあげたいのだけれど

ついつい、自分のほうがつらいし…

自分だって頑張ってる…

そんなふうに思ってしまい、助けてあげたり、
応援してあげたり行動に移すことができない。

みんな頑張っているのは頭では分かっている。

だから、素直にそれができない

余裕のない自分が子どもみたいでイヤになっちゃう…

・・・

損得を抜きにしてだれかに手を差し伸べられる人。

応援して助けてあげられる人。

器が大きくてすごいなあとあこがれますよね。

私もそういう人に出会うたびに、
まだまだ自分も精進が足りんなあと背筋を正される気になります。

一方で、まわりにそういうことを
自然体で行っている人がいると、

自分が小さく感じてしまって、
劣等感でつらくて息苦しくなってしまうこともありますよね。

そんな気持ちを乗り越えるためには多くの場合、
応援することや余裕がないことへの恐れや不安を
見つめていくことが必要になってきます。

今回は、それに加えて、
だれかを応援することの本当の意味についても
くわしくお話していきます。

「応援できない…」の底にあるもの

決して相手が嫌いなわけではない。

むしろどっちかというと好きな相手。

なのに応援してあげるという行動に移すことができない。

 

なぜなのでしょうか?

 

「結局自分にしか興味がないからだ!」

なんて言ってしまうのは簡単ですが、
それではあまりにも乱暴なので、もう少し掘り下げてみましょう。

少なくとも応援してあげたいという気持ちはあって、
相手のことは嫌いでないなら、
相手そのものを拒絶しているわけではないはず。

なのにできないときによくある理由は

「応援したり助けたりすることで、
自分が何かを失ったり損したりすることへの怖れがあるから」です。

 言い換えれば、その「失った・損した自分」が
「普段の自分」から
拒絶されているということです。

 

なので、もしも誰かのためになにかをして、
失ったり損したりするとしたらどんなこと?

っていうのをはっきりさせておくことはもちろんですが

その「失う・損する恐怖」はなんのために生まれたのか?

逆にいい効果があるとしたらどんなことがあるのか?も

合わせて考えておくことも大事です。

たとえばその恐怖があることで詐欺とかに会ったりとか、
つきまとわれたりとかの大変な目に合わずに済んだかもしれない。

それに気がつくことで、

「ああ、じゃあ詐欺の手口をあらかじめ調べて知っておけばいいのか。」

なんてひとつの解決策もでてくるかもしれません。

自分の中にある一見するといらないもの、
悪いものと感じる感情や考え方でも
いらないものなんてまずありませんし、

そもそも排除しようとしたところでなくなりません。

それそのものにネガティブもポジティブもなく、
それは見る視点によってそう決めているだけです。

拒絶してはじき出さずに取り込んでしまったほうが
心の中のレパートリーも充実してお得ってなものです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事