プレッシャーに弱い!焦り・緊張・パニックで頭が真っ白。克服するには?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

プレッシャーってとにかくいたるところから襲ってきますよね。

たとえば社会人の方なら

会社の上司から、「今月は目標達成がんばろう」とか、
「期待しているよ」とか言われるとか

そんなにパワハラ的なきつい言い方をされているわけではないのに
自分ではとても負担に感じてしまう…

あるいは、部署移動や昇進で初めはやる気に燃えていたのに、
いつの間にか苦しくなっていた。

--------------------

または学生さんなら

テストや受験の時期になると、勉強の進み具合や
模試の結果からものすごい不安感がわいてくる…

親から「だいじょうぶなの?」とかいちいち聞かれたり
自分でも自分を追い込まないと行けない気がしてきたり…

--------------------

仕事や勉強じゃなくてプライベートでも

「就職はまだか?」

「結婚はまだか?」

「子どもはまだか?」

みたいな定番フレーズから

「早くごはん作って」とか

「部屋片づけて掃除しなさい」

とかのすごく些細なことまで…

私もこんな定番フレーズを親から言われるたびに
イライラしていましたね(笑)

これくらいならまだ笑い話で済むんですが、
プレッシャーに対するストレスが重なると
あがり症やうつの原因にもなりますし、
何よりも不安感がつきまとって
なかなかホッとできないですよね。

それに、あせればあせるほど、結局大事なところで緊張したり、
パニックになったり、頭がはたらかずに結局仕事もたまっていったり…

プレッシャーに負けて失敗してしまうのって本当にくやしいことです。

いろいろ準備などをしてきて、
それなりに自信があったりするとなおさら。

実はほとんどの人が焦りや緊張で失敗した後、逆効果なことをやってしまうんです。

今回はそんなこともふまえて

  • 意外と気づいていないプレッシャーの裏にあるもの
  • 実は深いプレッシャーの元
  • プレッシャーや焦り・緊張での失敗などの心の図解化による解説
  • 失敗してしまった後の対処法

などについてお話しします。

プレッシャーとセットになっている不安

プレッシャーの元が上司だったり、親だったり、
環境の変化だったり

あるいは

受験なんてものがある世の中だったり、
〇〇歳なら当然こうしてないとみたいな
常識まがいのものだったり

こういった自分の外にあるものがプレッシャーによる、
ストレスの原因のひとつではあるかもしれません。

(もしも、怒鳴りつけてきたり、暴力をふるってきたり
といった恐怖そのものを与えてくるような場合なら、
直接的な被害を被るかもという純粋な恐怖への
ストレスですので、これは区別しておきましょう。)

ところが、同じ状況でも平然としている人がいたり
なんなら楽しそうにしてる人もいたりします。

…ということは出来事に対する『感じ方・意味づけ』で
“プレッシャー”となるのそれともならないのか、
これが違うわけなのですね。

ここで考えてほしいのですが

そのプレッシャーとして突きつけられている、
課題や目標を乗り越えられなかっとするなら

いったいぜんたいどうなってしまうのでしょう?

相手をがっかりさせてしまう?

自分の自信が崩れてしまう?

見放されて孤独になってしまう?

さらにさらに、そうなるとどうなるでしょうか?

何かを失ってしまうのか

何かを得ることができないのか

それは明確に“コレ”と言えるものかもしれないし、
もしかすると言葉にするのはむずかしいかもしれません。

こういった不安な思いがプレッシャーを感じている
心の底にどよんといるんですね。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事