イライラが止まらない、原因と抑える方法や解消法は?

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

日ごろの生活の中でなんかイラッと来ることってありませんか?

「イライラしてもいいことなんてなんにもない…」

頭では分かっているけども気が付くと勝手に始まっている。

やめようと思っても止まらない。

集中して仕事をしていたのに、どうでもいいことを
話しかけられて途切れさせられるとか、

子どもが言うことを全然聞かなくて、
予定どおりものごとをすすめられないとか、

街中を歩いていたらマナーの悪い人を見かけたとか、

カフェやレストランでのんびりリラックスしようとしたら
やかましい若者や子連れがずっと居座っているとか、

最近で言えば他人のSNSの投稿なんか
見たときにもくるかもですね。

私は車の運転をしているときなんかけっこうイライラしやすいかも…

ウィンカー出さずに車線変更してくる輩とかいると、
かなり(#^ω^)ピキピキ となります。

まだまだ未熟ですね~(笑)

それでも昔と比べるとかなりマシになったなあと思います( ^^)

イライラってつまりなんなの?

なにはともあれ「イライラさん」の正体をまずは探ってみましょう。

そこでまず、最初にやってほしいことがあります。

 

最近イライラしたことはなんでしょうか?

これをいくつかリストアップしてみてください。

できればすごくちっちゃな出来事も拾えるとすごくいいです。

意外と思い出せないことも多いので、イラっときたその日のうちに
書き留めておくとより良いかもです。

リストアップできましたでしょうか?

そしたら次は、そのリストをよく眺めてみて出来事の共通点を考えてみてください。

そのいくつかの出来事をまとめて一文で言うなら何でしょうか?

たとえば

「自分の時間をムダにされた!」

「自分の計画を邪魔された!」

「自分の正しさを否定されてる!」

みたいな感じで出してみてください。

で、さらにそれを一単語でいうとほとんどの方は
これが答えなのではないかと思います。

それは「怒り」です。

言われて初めてたしかに!って思ったという方も、

いやいやそんなの当たり前じゃんという方もいるかもですが

自分が何に怒るのか、何にストレスを感じるのかを知っておくことは、
とても意味のあることですのでこの作業は決してムダにはなりません。

もしも、「悲しみ」とか「嫉妬」とかが出たとしてもおかしくはありません。
「怒り」の下にはそうした一時的な感情がたいていありますから。

よりくわしくはこちらの記事をお読みください。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事