マイペースで要領が悪い性格を変えたい。なんとかする方法は?

こんにちは。
〈名古屋なごやかカウンセリング
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

会社で仕事をしていれば

上司からちんたらやるなと

イラつかれたり

プレッシャーをかけられたり

怒られたりしてしまう。

 

はたまた

家にいても家族から

あんたはいつもマイペースだと

あきれられてしまう。

 

別にこれが自分だと

自信をもって

堂々としていられれば

いいのだけど

やっぱり怒られれば

いつも情けない気分になるし

あきれられると

ちょっとしゅんと落ち込む。

 

昔からの自分の性格では

あるのだけど

がんばって気にしていれば

なんとか多少は早くできるけど

正直長い時間は続かない

 

テキパキとこなして

ほめられたいし

自信をつけたい!

 

なんとかこの

マイペースな性格を改善して

テキパキできる能力がほしい!

 

こんなふうに思う人

けっこういるのでは?

 

別にわざとやっている

わけでもないのに

まわりから怒られたり

責められたりするのは

すごくいやですよね。

 

私はというと

実は逆にせっかちなほうです。

すいません!(笑)

 

いつもプレッシャーかけやがって!

と思う方がいらっしゃいましたら

お申し出ください。

乾坤一擲の土下座で謝らせて

いただきます…

そもそもマイペースって

 

「マイペース」って言葉。

こやつどっからどう見ても

和製英語のにおいが

プンプンするぜッ─────ッ!!

(スピードワゴン風)

 

あえて直訳してみれば

「自分の」

「歩調・速度」で

みたいな感じですかね。

 

ここでだいたいの方は

お気づきだと思いますが

その仕事や動作とかが

遅かろうが早かろうが

のんびりだろうが

せっかちだろうが

その人の速度でやってたら

「マイペース」だがや!

 

にもかかわらず

どっちかというと

「のんびり」

「自己都合優先」という

ニュアンスで使われるのには

日本のムラ社会的

同調圧力が感じられますな(#^ω^)

 

けっしてそこに

合わせることが

100%いいことだとは

思いません。

 

なんだけど、

悲しいかなそう簡単には

環境のほうは変わってくれないので

そんな中でもちょっとずつ

鼻歌まじりで過ごせるように

なれればいいかなあなんて

思います。

 

 

問題を整理してみる

 

いわゆる「マイペース」で

困ってくることって

多分大きく二つじゃないかなと。

 

・純粋に作業が遅れる

・「マイペース」であることを攻撃される。

 

とりあえず

こういうのって

両方をごっちゃにして

問題としてとらえたり

解決しようとしがちなので

ここを分けておくのが

まずは重要。

 

言ってみれば

「マイペース」と

「要領が悪い」は完全に

別次元の話。

 

そのうえで

対応策を考えてみようかと。

 

作業そのものについて

 

これはどっちかというと

コンサルタント的な方々に聞けば

もっと正しく詳しく教えてくれるんでは

なんて甘く考えてますが(*’▽’)

 

(なんで読み飛ばしてOK(笑))

 

私なりの見解をちょろっと

書いてみると

 

「その日、その時間内に

必要な結果の共有が

事前・事後ともに上司と

十分にできているか?」

 

「その時間内にこなせない

とするならば、こなせる人と

なにが違うのかをとことん

細かく分解して理解する。」

 

この二つかなと。

 

製造業なんかだと

実際しっかりやっておられる

のではないかと思うんですが、

そうでないところは

どうなんでしょう?

 

頭脳労働とかを

体を使う作業と同じように

要素化するのは

むずかしかろうと思いつつ

ロジックの組み立て方等は

真似してみたりすることは

できるんじゃないかと。

 

もちろん訓練は必要ですが

スタート地点すらも分からず

やみくもにやり続けても

なかなか結果は変わらんのでは

ないでしょうか。

 

まあ、ぶっちゃけ半分以上は

上司、監督者、管理者が

なにかしら建設的なアプローチを

しないところがいかんのだと

思いますわー。

 

なので

「えらそうにイライラしておるが

この人らもやり方知らんのだな…」と

仏の境地に至ってもらって

けっこうです。(適当)

 

ほんとにマイペース?

 

人からマイペースマイペースと

言われ続けているうちに

自分でも自分に向かって

「自分はマイペース人間なんだ」って

言い聞かせてないですか?

 

いやいやいや、

ちょっと一瞬立ち止まって

深呼吸を。

 

人それぞれ

しっくりくるテンポは

当然ながらある。

 

早い人もいれば

遅い人もおります。

 

なので

「マイペースだ!」って

せめたり揶揄したりする

言葉の裏には

テンポが早い人たちの

「お前が遅いから俺(私)が困る」

「自分(たち)と違うテンポで

動かれることが気にいらない」

という思いが

ほぼ間違いなく入ってます。

 

結局「自己都合優先」なのは

どっちやねんという感じですわ。

 

そして、

気づいているかいないかに

関わらず、

自分自身でも同じように

自分のことを

責めていることでしょう。

 

裏を返せば

言われて気にしたり

傷ついたりしてるってことは

気づいているということ

つまり、伸びしろがあって

逆にいいです(^-^)

 

みんなそれなりに

「自己都合中心」で動いているなら

自分がマイペース人間なのかどうかは

いったん横に置いておけることですよね。

自分がどんな性格かはいったん置いといて

 

とりたてて自分がマイペース人間

というわけでないのなら

本当に必要なことはなんでしょう?

 

たとえば

やり方とか考え方とかの知識や

実際やるときのコツとかの技術。

ただこれを知らないだけなら

身に付けるだけってことが分かるし

 

身についてみたら

気分はのんびり

仕事のペースは問題なし。

ってあっさりなったりするかもです。

 

場合によっては

そもそも物理的に不可能な量を

押し付けられてたことが

分かるかしれないし、

実は他の人も出来てなくて

自分の雰囲気だけで

責められてたってことに

気づくかもしれません。

 

あるいは

遅いと責められることに対して

強烈に焦燥感とか不安感が

瞬間的・反応的に起こって

襲ってきている

ということもありえます。

 

何か過去にトラウマ的なことが

あったのか、

親や近い人からさんざん

影響されてきたのかなんて

ことが分かるかもしれません。

 

それならまずは

自分の心の中にいるだれが

そうやって責めてるのかを

探ってみましょう。

 

自分自身で責めているといいつつ

その自分を作った誰か(たち)が

責めているはずです。

 

「あ、あれか!」

ってその理由が分かるだけでも

わりと楽になることもありますし

解決するのはややこしそうなら

カウンセリング等を受けるという

選択肢も見えてきます。

 

どっちも選べればそれが一番

 

よく「自分に正直に!」

「自分らしくいて何が悪い!」

みたいな開き直り系アドバイスを

する方もいらっしゃいますが、

その結果今の人間関係を壊して

それがまた自分を責める材料に

なってしまったら元も子もありません。

 

それなりにストレスなく

人に合わせることもできる。

 

自分の自然なペースでいて

人から何か言われても

特に気せずいられる。

 

「これが自分の性格だから!」

って決めつけずに

どっちも選べるように

なれれば一番いいですよね。

 

向き不向きを知って

自分に過度の負荷を

かけないように

することは大事だけど

別にそこにこだわって

枠を決める必要もないです。

 

本当に必要なことを

冷静に見極めて

身につけていければ

より自由自在に=

選べる選択肢が多い状態に

なれるかなと思います。

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございます。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事