ありのままの自分とは?出すこと受け入れることについて。

こんにちは。
心理インストラクター・
カウンセラーのイヌカイです。

「ありのままの自分」って結局よく分からないとか、
どうやって出したり受けいれたりしたらいいのかよく分からない…

かつて某ディズニー映画でも流行った「ありのままの自分」という言葉。

一見もっともらしいようで、よく考えるとつっこみどころもある言葉です。

実は、心の原理と構造から考えていくと、「ありのまま」を探っていくと、
泥沼にハマってわけが分からなくなってしまうことすらあります。

心を豊かに使いこなすのに大事なことは「普段の自分」を拡張すること。

この記事ではここのところを詳しくお話していきます。

ありのままを考える前に

「あ…ありのまま 今 起こったことを話すぜ!」のありのまま。

なんか数年前に例のディズニー映画でブームになったあれですね。

あれのせいかどうかは分からないけども、
「ありのままの自分」が出せないとか、「ありのままの自分」を出したい
と言って悩む人が結構いるとかいないとか。

 

ここで考えてみてほしいのですが、

「ありのままの自分」って

どんな自分なんでしょう?

どういうときの自分なんでしょう?

この質問に対する答えはおそらく千差万別になるはず。

「言いたいことが気を使わずになんでも言える自分」とか

「家でジャージ着てごろごろしながら海外ドラマ観てる自分」とか…

ということは、
「ありのまま」っていう言葉は人によってとらえ方が違うということです。

だから、ありのままという言葉に対して、

「我慢して生きるのはしんどいよね。だからありのままって大事ね。」

っていう伝え方をする人もいるし、

「はあ?お前は目上の人の前でも家でだらだらしてる自分でいるんか!?」

っていう意見を持つ人もいるということです。

こういういろんな考えが当てはまってしまう意味が広い言葉は、
上記のように人によってとらえ方が違うし、
自分の中でもとらえ方がブレやすいです。

だから、受け取るときも発信するときも要注意です。

いわゆる成功者とかカリスマとか偉人とかいう人の言うことは、
この傾向がけっこう強いです。

こういった方々は意識しているかしていないかに関わらず

自身の経験をベースに不特定多数の人が分かるように、
語っていることが多かったりします。

なので言葉を鵜呑みにして、自分の解釈でそれを実践してしまうと
大変な目にあうことも。

もしも可能であればその言葉を発した本人に

「それはつまり○○ってことですか?」

のようなことをつっこみまくって、
何を想定してそれを語っているのか理解することをおすすめします。

その時に感情的になってイラつく人とか、
よりあいまいなことを言って煙にまいたりごまかす人とかであれば
その人から教えを乞う価値はありませんので安心して距離をおいてください(^_^)

「ありのままの自分」の罠

ではテーマである「ありのままの自分」に対する悩みについてです。

ここでまず前提としてひとつ確認。

「ありのままの自分」を思い浮かべた時に

その状態になれればもっとすごいことができるとか、
すぐにでも人生が変わるとかそんなことを考えてませんか?

 

それ、やめることをオススメします。

なぜかというと、実質的に現状の自分を否定して
「ありのままの自分」という名前の「特別な自分」を作っているからです。

自分って結局は生まれてから積み重ねてきたもの
(+遺伝で受けついだもの)あって

自分の中に「今の自分よりすごい自分」みたいな
都合のいいものなんかありません。

だから、そんなのがあると思い込んでるとだんだんと
現実とのギャップに苦しくなるだけです。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事