空気を読めないせいで人間関係がうまくいかない感じがする。

空気を読むってなんだ…

こんにちは。
心理インストラクターのイヌカイです。

「空気を読め」っていうの

さかんに言われだしたのって

この10年くらいじゃないかと

思うんですがどうなんでしょう?

 

 

KYなんてのも流行語に

なりましたよね。

 

(空気が読めるでも読めないでも

どっちも略したらKYじゃねえかと

思ったりもしますが(・へ・))

 

 

これができなくて

っていうお悩みもよく聞きますね~

 

 

仕事の場なんかでは

空気が読めないことによって

お客様との関係を壊したり

仲間内から孤立したりとかの

実害を受けることも

あったりするかもしれません。

 

 

でも、苦手な人にとっては

空気が読めるようになるって

ものすごく高度なことです。

 

(意外とだれでもできるような

簡単なことが自分はできてないって

思いこんでいるケースも

多々ありますね)

 

 

練習したりすることも

もちろん意味があるし

素晴らしいことではあるんだけど

 

自分的には

空気が読めない自分を

責めてることに

あらためて気づいて

そこに対処してくのが

優先なのではと思います。

空気が読めないってそんなにダメ?

 

たとえば会議の場で

いわゆる空気が読めてない

発言をしたとします。

 

 

自分自信で空気が読めないこと

=よくないこと

って思ってたら

「あ、やらかした!」

って自覚した瞬間に

しゅんってなって

小さくなっちゃいませんか?

 

 

逆に空気が読めないこと

=別にそれはそれであり

って思ってたら

満面の笑みで

「空気読めてなくて

すいませーん(・∀・)」

みたいに収めることも

できるかもしれないし

 

 

場合によっては

意見を押し通すことで

膠着したやりとりを

ブレイクスルーさせられる

かもしれないです。

 

 

裏を返せば

空気は読めるけど

場を壊すのが怖くて

何もできない人たちに

できないことができる

という見方もできます。

 

 

理想は

「読めるけど場合によっては読まない」

っていうのなんでしょうけど

 

そうなれるように

努力していこうとしてる間にも

できない度に自分を責め続けてたら

そもそもその努力も続かん!

ってなもんです。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事